8月15日 浜田堤防

前回の40時間かけた館山耐久エギング釣り(ボウズ)のツアーで学んだことは、浜田堤防ではイナダが釣れる!・・・・・ということでした。

かねてから14日夜から釣りに行くことは友人たちと約束していたので・・・・

行ってきました。

行く前に考えます。

浜田ではイナダが釣れる。
朝マズメの1時間程度の間だけだけど・・・・


うん!まずはほぼ全員一致で浜田直行です。
心配なのは関東上空の高気圧。
関東南部の館山はほぼ確実に北風になってしまいます。

ま、それでも行くのですけどね・・・

22時頃出発です。

さて・・・・高速に乗る前に・・・・コンビニに寄ります。
ここでトラブル発生!
ウエストバッグを手洗い場の所に置き、用を足していると・・・・
水道から水が出ている。
それがなんとウエストバッグの中に注ぎ込まれている!!!!!

なかには、財布やらビスケット類やデジカメが・・・・・・・

はい!デジカメ死亡です。(悲)))))))))




先が思いやられるが、まぁいいでしょう、

I氏の車はブットばしです。
23:30頃には館山に着いた気がしていました。

最初は、朝まで余裕があるので香漁港で軽くエギングですが・・・・
堤防に上がると、スッゴイ北風。
やはり・・・・・それもエギングは全く出来ない程の風です。

香漁港はサックリ見切りを付け、浜田で向かいます。

思ったとおり、浜田もスッゴイ向かい風。
この堤防は北に向かってキャストするので向かい風では話になりません。
もはや早々にエギはギブアップ。
ハマダに着いてからは第2エギタックル(e-gee79MLIとエアノスXT1000)はセットアップもしませんでした。


一応、保険に用意した青イソを使う投げ釣りタックルを出して向かい風にキャストします。
10号のナス重りのおかげで流されることはありません。
そしてかかる魚はゴンズイばかり・・・・
投げる度にゴンズイです。

面白かったのは30分程放置していたらネンブツダイの死体が釣れたのですが、このネンブツダイ。
ちゃんと針は口の中にかかっていました。でも体はボロボロ。

針掛かりしたのに、どうやら他の何者かに食べられたようです。

もしかして・・・・・・イカ????

その後、この青イソでは、10センチにカサゴもどきや毛虫みたいなナマコ、が連れましたが肝心の食べられる魚は全然かかりません。


でもでもでもでも・・・・・・・
このエサ釣りは、ある意味非常に楽しめました。

I氏も釣ったし・・・



さて・・・・東の空が明るくなりかけ・・・・・・本命の時がやってきました。

グレートエギンガーとセフィアBBのタックルにジギングサビキをセットアップし、向かい風に向かって大遠投。(たいして飛びませんが・・・・・)

こういうとき40gのジグは頼りになります。向かい風をものともしません。


そしてやってきた「時合い」
ハマダ堤防の先端ラインにならぶジギンガーの数、約10名

まず、一番堤防先端にいた私にイナダがヒット!
たいした重さではないのでそのまま抜きあげます。

やがて、あっちのジギンガーもヒット!

そして、私に再度ヒット!
これも抜きあげます。


そして・・・・・・・「時合い」は終わりました。

この間、約10分程度。

ほんの一瞬のことです。

皆、その後2時間以上もジグを投げ続けますが、もう誰も釣れません。


やがて時刻はAM8:00に・・・・・


私は十分に満足です。
エギは全然投げられませんでしたが、ジギングという新たな魅力を見つけることが出来ました。

夏休みの釣りは結果的には大満足の釣果でしょう。

嫁さんと一緒に茨城に行ってしまったマコちゃんは明日16日に帰ってきます。
サバくのはそれからですね。

inada090815.jpg


マコちゃんビックリするだろうなぁ。




※今日の浜田堤防
hamada090815.jpg
爆風の向かい風で我等が堤防に上がったときは珍しく誰もいませんでした。

でも夜明けとともに・・・・人でゴッタ返し、釣堀状態に・・・・・


また行くぞ!(次はいつでしょうねぇ)

コメント

非公開コメント

こんばんは。房総エギング日記のとうせんです。浜田のオカッパリでイナダすごいじゃないですか!!日が落ちてからのアオリならまだまだチャンスありますよ!

Re: タイトルなし

> とうせんさん!こんばんわ!
コメさんきゅうです。

アオリはなかなか厳しいですが、付近の香谷堤防では釣れているのは確認しています。
香谷堤防は、もはや先端しか釣れないようですが、浜田は、あの長い堤防の中でポイントが絞れません。
でも難しい時期になってきているのですよね。
まぁもう秋アオリの時期はすぐですので9月終盤まで楽しみに待つとしています。

さて、イナダは面白いですね。
時合いはほんの一瞬でしたが、ヒットの瞬間は痺れるものがあります。
エギングタックルで釣るのがまたいいのですよね。

次回は8月末位に出撃するでしょう。
でももう北風になりつつあるので外房に行こうかなぁなんて思っています。
(内房は北風だとほとんど向かい風なもので・・・・)