ちょっとビックリのPROX

さて・・・・Proxという釣具メーカーをご存知だろうか?

怒ピンクの烏賊桜というエギングロッドを販売している、いわゆる安い釣具メーカーである。

私はここの製品を少々もっているのですが・・・・


3ヶ月ほど前にグランドエギンガーGEXX86 というロッドを通販で購入しました。
この当時、まだエギングは本格的に始めていなく・・・・・最初の1本だったわけです。

選定基準は
① 1本1万円もしないこと。
② 150g未満の重量であること
③ 重量級のエギを遠投できるようハードな設定で長いこと。
としていました。

その中で選んだ結果、このロッドだったのです。
①価格は7000円程度。
②カタログデータで145g。
③8.6フィートで4号エギまで対応。

私の理想系がそこにありました。
このロッドにセフィアBBを組み合わせ・・・・・まぁ快適にエギング!といったところです。

その後、軽量エギに対応させるためにロッドはエーギー79MLIにエアノスXT1000の組み合わせも導入しました。

いや~エーギータックルの軽いこと、軽いこと・・・・・
もはやグランドエギンガーは使えません。重くて・・・・
カタログデータ上では432gと320gで100g程度しか差がないハズなのですが・・・・


あまりに重量差を感じるので、このロッド、重量を測ってみました。
そしたらなんと175gもあります。

あれ~~~~~カタログに偽有りジャン。

さっそくPROXにメールです。
その結果の回答が以下のとおり・・・


弊社製品のご購入誠に有難うございます。 誠に申し訳ございません。弊社製品グランドエギンガーは販売途中でEVAグリップの硬度を変更した為、実際の自重がカタログ、ケースの表示内容より重い状態になっております。 またEVAグリップ変更時にケース表示、カタログの訂正をしなければならないのですがすべて訂正できていないのが現状です。誤解を招くような表示での販売になってしまいましたことを心より深くお詫び申し上げます。製品に関しましてはまったく問題はございませんので引き続きのご使用をお願いいたします。

PROXのHPをチェックすると、既にカタログデータ重量が173gに改定されていました。


まぁ、175gでもたぶん当時は買っていたでしょうが・・・・・・
今は、少しは「わかる」ようになってきたので、今じゃ「買わない」でしょうね。

感覚的なのですが・・・・・このロッドは重量バランスが悪く、ロッドの先端に重量を感じます。
たぶん、ガイドが重いのかもしれません。
ですので非常にシャクリがやりずらいです。


ちなみにダイワのエーギーは比較にはならないのですが、インターライン仕様ということもあり
ロッド先端に重量はほとんど感じません。
ですので、疲れないのです。

最近は、このロッドでエギを投げることが無くなって来ました。
でも前回のジギングにおいては40gのジグを投げる事ができ、「つかえるじゃん!」という
感じももっています。
20センチ以上のイナダも抜き上げられるし・・・・・

活路はあるな!


さて一方のバルトムREDです。(リール)
これは自分的には全然ダメなリールになってしまいました。
使用のメインはエギングなので巻く糸は当然PEです。
シャロースプールは見た目は良いのですが、ちょっと多めに巻いてしまうとすぐにバックラッシュ。
このリールにPEを巻くと、必ず一晩でパーになってしまっています。

同じ感覚で巻いているセフィアBBやエアノスXT1000では全然バックラッシュが発生しません。

これはやはりメーカーの差(技術力の差)なのかなぁ・・・・と感じてしまいます。
シマノのAR-Cスプールは、ライントラブル面では本当に問題無く終日使えます。

ですので結果的にPEのコストが低減され、財布に優しい状態です。

今や、真っ赤なバルトムREDはリュックの中でスペアリールになってしまっています。




そんなPROXですが・・・・・今、ねらっているロッドがあります。
当然!

ジグロッドです。

重量級のジグロッドもこのメーカーなら1万円前後で購入できます。
ロッドの重さも気にならないし・・・・・



また買っちゃおうかなぁ・・・・・


なんだかんだ言いながら安い製品は大好きです。

PROXには頑張ってほしいですね。

コメント

非公開コメント