11月21日 香谷堤防ナイトエギング・・・と

さて前週釣れなかったのが悔しく、今回こそは、と気合を込めて20日21:00千葉県館山へ向かう。
同行者はシュウくん。

天気は、曇り(最初小雨)、干潮0:30頃-満潮7:00頃 北風→無風→北風、最低気温:8度

お互い非常に貧乏なので高速は市原までとしそこから先は下道(したみち)だ・・・


富津を抜けたあたりから海の雰囲気が伝わってくる(真っ暗だけど・・・)
でもチョット小雨になっている。

帰ろうかぁ???なんて言っているが既に70km走っているので帰る気は全然ない。

さて、まずは吉浜埋立地。
風はほとんど無く、ベタ凪。
絶好条件ではあるが、時刻が0時でド干潮。

お立ち台といわれているであろう、。配管があるところの直ぐ下でエギを投げ始めるも全く反応ナッスィングということで30分程で引き上げる。
がんばってテトラの上を移動していけば、よさげなポイントもあるのでしょうが・・・・・

基本的に足場が悪いところは長居したくない。
ということで一路南下し北条海岸ヘッドランド

ここでは過去に巨大モンゴウを私は釣ったしシュウクンもバラシ3連発と結構面白い経験がある。

さて時刻はAM1:00過ぎ頃なわけですが・・・・潮は明らかに上げに入っていますが水位が低く非常に投げづらい。シュウクンはスパイクブーツを履いていて波で洗われている浅場にジャブジャブ入っている。

どうも釣れる気がしないし、風も微妙に吹いているしなにより水が非常に濁っている。
ここは浅場が続いているので濁りが多いのです。ここでも30分位で撤収。

いよいよホームグランドの香谷堤防へ向かう。

到着はAM2:00前。北風ですが微風。ベタ凪。
駐車場には車はありませんでしたが先行者が入っています。ホットスポットの先端はおさえられていました。

我々は彼らの手前に陣取りエギを投げ始めます。今回は貧乏釣行なのでエサ釣りタックルは用意していません。

さて、先行者たちがエサ釣りで相変わらずのゴンズイラッシュ。そしてエギンガーがイイダコを釣っていました。彼らもビックリです。いいなぁ・・・・

そして2:30頃、テンションフォールから超スローのズル引きをすると途中でエギが動かなくなります。
根がかりか?いや、ヤツがきたな。香谷堤防は砂地が中心なので根がかりはメッタにありません。
ここで15秒程待ち、軽くあわせますとズッシリと感じます。

うんうん、そうだろう・・・・きたきた!

やがて水面まで浮上しイカの姿が見えてきます。

軽いエギ用のタックルだったのでけっこう厳しいのですがそれでもなんとか抜きあげます。

P1080346.jpg

ロッド;ダイワe-gee79MLI リール;セフィアBB2500SDH、
エギ;ダイワ ミッドスクイッドHR-V3号オレンジ夜光スケルトン

あ・・・エギに穴が開いている!ガジガジにされてしまいました。
釣れたのはコウイカですね。(白くなったときにみたらキスマークが・・・・・モンゴウイカ?)
買ったばかりの重量計で測ると600gでした。


さて、この1杯が釣れたあと・・・北風が吹き始め寒くてどうしようもありません。
この風はAM5時頃まで続きます。

明け方・・・・また無風になりますがもう釣れませんでした。
夜明けにはジギンガーが大挙して押し寄せスキップバニーを使った人だけが2匹ほど、ワカシを釣り上げていたようです。

さて時刻はAM8時。けっきょくその後はイカは釣れずです。
香谷堤防は、イカ影は濃くないのですかね。

今回もアオリの姿は全然見れませんでした。





帰りには勝山港でチョットシャクリますが全然イカの姿は見えません。水も透明度が高く綺麗でしたが・・・・


赤灯台まわりはダメなんですかね。(船道あたりとテトラ外)



さて時刻はAM9:20
ここへ寄ります。
P1080353.jpg

そう「ばんや」です。
そんなに混んではいませんでした。

そして食べたのは当然、
P1080355.jpg


相変わらずの大盛りです。
大盛りなのはご飯ではなく天ぷらです。
もう、食べても食べてもなくなりません。
そしてようやく天ぷらを食べ終わるころ・・・・・・小あじの唐揚げが・・・・・

もう食べられません・・・・・無理して食べましたけど・・・・・・



超眠い・・・・・


帰ってから持ち帰ったコウイカを捌き・・・・・


はい、お疲れ様でした!







コメント

非公開コメント