11月28日 船橋、千葉港ヒイカにチャレンジ

さて、28日19時。
ナオジィの誘いで今回はヒイカの偵察に行く。
本当は館山にアオリイカをチャレンジに行きたかったのですが・・・・・
まぁ1回位、ヒイカ偵察もいいでしょう。
面白そうなら次回から本格的に揃えればいいし・・・・
ということで、いつものエギングスタイルでヒイカ偵察にいきます。


場所は検見川突堤とか千葉港を考えている。
ということで、まずは釣り場に忘れ物をした、というナオジィのニーズにつき行徳の河口にいってみる。

ここは完全にシーバスポイント。
行ってみるとジャバジャバとボイルしている。

メバル用のミニワームを付けてチョンと投げ、ダダ引きで簡単GET!

個人的には初めてシーバスを釣りました。
P1080357.jpg

バタバタ暴れていたので砂まみれです。

大きさは25センチくらいのセイゴですね。

場所が場所だけに・・・・食べる魚じゃないよ!とのこと。

即、リリース

そしてまた・・・・

P1080363.jpg

水面のワームを追う姿が見えるので案外面白い。

他、1バラシでここは退散。本命のヒイカ偵察にいきます。

まずは船橋。

場所はここ。


大きな地図で見る


時刻は21時半頃でしたが、人でビッシリ。
船着場は200m位以上ありますが、ほぼ人で埋め尽くされています。

みんな、エンジン発電機と投光機で水面を照らして釣りをしています。
照らしているのはほぼ足元。
釣具は3m程度の竿にエギスッテを大量に付けて(10個位)、照明の切れ目を
上下に脈釣りです。
感覚的には防波堤でファミリーが行うサビキ釣りと同じです。
コマセの代わりに照明を付けて、サビキの代わりにエギスッテ。

竿下への上下動だけでチョコチョコ釣っています。
ちょうど上げ潮ではありましたが水深は足元の近いところでも5m以上あります。
かなり深いです。

その深さの中で上下動させながら釣れるタナを探っていました。

なおスッテの代わりにエギでも好いようですが、2.5号のエギでは大きすぎるようです。
2.0号、1.8号がちょうど良いサイズのようでした。

エギンガーもほとんどキャストしません。
照明の中にポトリとエギを落として上下動。

これでチョコチョコ釣れるようです。

こんなのエギングじゃないだろう。


我々は集魚照明なんてもってきていないのでエギをキャストしシャクりますが当然のように全然釣れません。

・・・・・というよりヒュンヒュンとシャクッている人なんかいないし・・・・

ま、場所も無いので検見川に移動です。

???検見川突堤はどこ?
入る場所がわからないので、ここはパス。

千葉新港に行きます。
途中、警察の検問に引っかかり・・・・・15分位タイムロス。
免許証取り上げられ照会されちゃいました。
ま、飲酒もしていないしヤマしいことは何もないので問題はありませんでしたが・・・・


大きな地図で見る

なんかあるのですかね・・・↑ ここでガッツリと検問していました。注意してくださいね

さて行った先は ↓ 千葉新港です。


大きな地図で見る

エギンガーが1名、照明軍団が5~6名ほど。
照明軍団は先の船橋の人たちと同じ感じです。
バケツの中には大量のヒイカが入っていました。

おお!釣れているんだなぁ。
ちなみにエギンガーの方は全然連れていないとの事。

ここでは車を乗り入れできるので直接車の照明を付けっぱなしにしていましたが
車の照明は上方を向いているので海面の足元はボヤァとしか明るくなりません。

ここで1時間程ネバりましたが結果が出ないので再度、船橋に戻ります。

時刻は1:00位でしょうか・・・・上げ潮真っ盛りかと思いますが、先ほどよりは
人数がだいぶ減っています。

みんな満足して帰ったのですかね。
ここでも車をギリギリまで海に寄せて照明を照らします。

でも結局、釣れるレベルの明るさは確保できず、ヒイカが釣れることはありませんでした。

一方、ナオジィは・・・・・

図々しくも人の照明の中に入り込み、チャッカリとヒイカを3杯GETしています。

照明の中でエギを海面まで浮かせてくるとイカが追ってくるのが見えるそうです。
いいなぁ楽しそうで・・・・

ただ2時を過ぎたあたりから当の照明の主たちは休憩モード。
どうやらシーバスがまわってきたようで、こうなっちゃうと釣れないようです。

確かに照明が当たっている中に大きな魚が時々見えます。
かといって、ミノーやワームに変えても釣れないのですけどね。


ここは3時位で撤収です。


その後、お台場の船の科学館裏とかにも行ってみましたが釣り師たちは誰もいないのでそのまま帰還です。

今回の釣果はシーバス2匹(リリース)
ヒイカ;ゼロ。

まとめですが・・・・

ヒイカはやはり照明がないと話になりません。
照明を用意せずとも釣れるさ!常夜灯の灯りで十分さ!
なんて甘い考えは一切持たないほうがいいですね。


この釣りはランガンスタイルではなく、ジックリと場所を決めてネバる釣りです。
それなりの装備で望むのがベターでしょう。


装備さえ整えれば、釣りを行う上でのテクニックはあんまり必要なさそうです。
スッテを10個も付けて上下動させていれば勝手に釣れてしまう、いわゆるイワシのサビキ釣りと感覚は同じようです。


さて・・・・次回もこのヒイカを狙いに行くのでしょうか?




私はあまり行きたくないですね。






だって、これはエギングじゃないもん。



コメント

非公開コメント