館山とんぼ返りとヒイカエギング

さて前日の18日の夜、館山に行こう、と思っていましたが皆さんが教えてくれた風予報や風速サイトを見ると洲崎で秒速10m以上の風が吹いている。お天気ナビでも浜田堤防は風速が10mコース。

当然、行かないわけです。

でもでもでもでも・・・・土曜日の夜、風対策のエギング方法を考えているうちに・・・行きたくなってしまいました。考えを試す意味もあるので激風でもいい!行って試してみよう。

ということでいつもの通りシュウくんを誘う。

19日20:00 小岩発。21:30に保田の吉浜埋立地に着く。
さて風は強い。・・・・というより爆風。

お立ち台は・・・・

行けません。

お立ち台は波かぶりの状態です。テトラの外の歩道まで波が打ち上げてきています。
もうビショビショ。ものすごく寒いし・・・・


激波、激風、激寒の3重苦。
なにが風対策のエギングを試す・・・・・だ。
全然お話にもならないではないか。

ということで、ここでは1投もしないで勝山港へ移動。
港内なら、まだエギングになるのではないか・・・・と思っていた。

22:00勝山港着。当然こちらも暴風圏内。でも港内は多少は静かだ。
さて風対策のメソッドを試してみる。

なんて書いているが、あごリグメソッドならぬ、中通しメソッド(笑)))だ。
(いわゆる古典的な「テキサスリグ」ですね)

PEの先端にはリーダーとしてフロロを2m位繋いでいますが・・・・
ここに中通しオモリを付けるだけ。

リーダーの間をオモリが自由に動けるので案外エギの動きを妨げないのではないか・・・
なんて考えていた。

第1投・・・・・プチンと飛んでいきました。ベールが戻ってら(泣))))
・・・・・よかったデフレエギで・・・・


さて、この中通しメソッドですが・・・・考えていること第2弾があり、
デフレエギのシンカーをペンチで抜いてしまったものを付けてみます。

シンカーが無いエギは当然浮きます。
一方、中通しオモリであるがゆえに・・・・・水中でエギがリーダーの長さだけ浮くわけですね。
だいたい1.5m位エギは浮くでしょう。

フリーフォールならぬ、フリーフロート。
沈めるときは、まさしくテンションフォール。(フリーフォールは出来ません)
しかも真下へのテンションフォール

更に!理屈ではエギの位置は動かない。同じ場所を何度もテンションフォールで攻められる!
なんて都合のいいこと考えて、ぜひ本日試してみたかったのですが・・・・


激風の中では全然エギの位置が把握できません。とりあえずオモリが付いているのでボトムにエギがあるのはわかるのですが・・・・

ま、この中通しオモリフローティングエギメソッド(←大バカ)は次回、無風のときに再度試してみましょう。

きっと激釣になるんじゃないかな!?なんて一人でニヤけています。
( ↑ 釣れないだろう・・・・と自分でも思っていますが・・・・・何か? )

さて、勝山港で上記のメソッドを試し23:00まで過ごし、相変わらずの激波、激風、激寒は全然変わりません。
ここで車の中で考えます。

館山の香谷堤防に行っても同じだよな・・・・乙浜に行っても変わらんだろう。
ヘタにテトラの上にでも乗ったら、茨城であった南堤防行方不明事件と同じことになってしまいそう。
こんなコンディションではアオリも釣れるハズもないし・・・・






・・・・・・・・・・・・・・








ヒイカだ。



千葉新港でヒイカしかない。
ということで即効で千葉まで戻り日付も変わった20日1:00頃から千葉新港(前回紹介したポイント)でヒイカエギングを行います。

ヒイカは照明が無いと話にならないので、急遽、ダンボールを30センチ各に切ったもの2枚にコンビニでアルミホイルを買って張り、ガムテープで車のヘッドライトの上に固定します。そしてハイビームにすると・・・・


見事にヘッドライトの照明はアルミホイルに反射して目の前の海の足元を煌々と照らしています。
これも海際のギリギリまで車を入れられるからです。(前回に来たときに、これは既に考えていました)

これで集魚灯やらエンジン発電機やら全然不要です。
ただ、海ギリギリまで車を寄せなければならないので場所を選びますけどね。
なお千葉新港と船橋港ならどちらでも大丈夫です←確認済み)
そして左右のヘッドライトでやれば仲間みんなで出来ます。案外アイドリングならガソリンも大して減らないし・・・・



さて・・・ベイトが寄るまでヒイカが寄るまで1時間位はかかるでしょう。

ここ千葉新港もちょっと風が吹いています。それより流れが非常に速いです。
エギがどんどん流されます。

ナオリー1.8号は全然沈まないので、話にならないくらい流されます。
ちょうど上げ5分くらいで最も早いときなのでしょう。

ナオリーに糸オモリをつけたり、2.5号のエギにしたりで色々試します。

そして・・・・・


9999CIMG0175.jpg



AM2:00頃にベイトが集まってきたなぁ・・・と思ったら釣れだしました。

ようやくセフィアCI4に墨付です。(墨付がヒイカというのが情けない・・・・)



今回、ヒイカ用に1.8号エギ;2個、2個付きスッテを1本用意していたのですが・・・・
案外、スッテより2.5号のエギにもアタックしてきます。

スッテの場合、当たりはほとんどボトム。
ボトムを20センチ位、上下に脈打つとグッと重くなります。

一方、エギではほとんど、ド、シャローです。
照明で明るい中、エギを浮かせるとヒイカが追ってくるのが見えます。

もうちょい!もうちょい!って感じで、まさしくサイトフィッシング!
これはこれでけっこう面白い。

アオリのサイトフィッシングの良い練習になるでしょう。


ということでAM6:00まで千葉新港でヒイカを楽しみ計14杯釣ることができました。
始めた時間が遅かったというのもあるのですが、先発でやっていた人たちは1人で50~60杯釣っていたようです。

そして船橋港は人が多く、かなり混みますが、千葉新港は人がいません。かなり釣り場が空いています。
でも照明当てればちゃんと釣れます。ここはお奨めです。


ぜひ皆さんもヒイカエギングをやってみましょう。けっこう楽しいですよ。


※先週、吉浜埋立地のお立ち台でフレッシュな墨跡に「船橋から来た」という若者と大興奮していましたが。
その若者と千葉新港でも会いました。(釣り場偵察だったようです。)
彼も頑張っているんだなぁ。



なお、真冬深夜の釣りはメッチャ寒いです。釣り用グローブは3本の指が出ているのですが・・・・・
ここが冷えて寒い。
今回はヒートテックフル装備で寒くないハズが・・・・
自然の猛威の前に寒さでフルえていました。





ん!年内のエギングはこれで終わりかな・・・・・・


デハデハ








コメント

非公開コメント