1月3日 房総ランガン

さて色々な方面で告知していたように1月2日 22:00南房総に向けて出発!

目的地は乙浜港。

かねてより「やりたい」と思っていたメバリング中心に立ち回る予定。

メンバーはシュウクン、I氏と私の3名。
用意しているタックルは
メバリング用;ソルティスティックとエアノスXT1000
エギング用;エーギー79MLIとセフィアCI4
ルアー用;グランドエギンガー86とセフィアBB
の3種類



さて、何故、「乙浜」なのか?
それは事前情報(天気予報や風予報サイト)で内房は爆風予報があったからです。

日付も変わり3日0時過ぎ、乙浜港到着。北西の風対策として道路側の常夜灯のある所に行く。

車を降りると、横殴りの激風!
全然風裏じゃないじゃん。

ということで、こんな条件でメバリングなんて話にもならない。
エギングでも全然ダメな状況でした。
それでも餌師が数名いました。根性あるなぁ。

さて、乙浜港がダメとなると、これも事前に調べていた通り、外房をランガンし風裏を探さなければなりません。

まずは鴨川港を目指します。

鴨川港ではうまい具合に風裏になっている小さな港がありました。
ここで・・・・・・旧友のT氏と合流。4名体制になります。
T氏との釣りはおおよそ25年ぶり位。懐かしいナァ。

さて鴨川港の小さな分港ですが・・・・
風は大丈夫ですが、メバルは全然釣れません。

切り札のガルプベビーサーディンを最初から投げていますが全く無反応。
I氏が青イソを用意していたので、チョットもらってジグヘッドに付けて投げると・・・・・・


速効で大きな「ハゼ」が釣れました。そして「シマイサキ」も釣れました。
これらは夕飯のオカズにKEEPします。

ここでネバってもメバルは釣れそうもないので再度移動。
今度は勝浦方面を目指します。

時刻はAM3時過ぎ、途中、アオリでは有名な松部漁港に寄り道。
相変わらずベビーサーディンを投げますが全然反応無し。

その後、勝浦港へ移動しますが、ここは西風をモロに受け爆風状態。
仕方ないので風裏を探しに再度南方向に戻ります。

そして興津港に寄り完全風裏で、ほぼ風も無い状態であることを確認してから、ここで腰を落ち着けます。
私は、もはやジグヘッドにミニワームなんて投げません。釣れないんだもん。

ここでは専らエギングに徹していました。
やがて夜は明け、ここで朝マズメを迎えます。

明るくなって気づきましたが、ベイトが全然いません。
すっごく水は透明です。
底まで見通せます。

皆、全然釣れないのでイヤになり一部で青イソのエサ釣りが始まりました。
私も再度メバリングのジグヘッドに青イソ付けて投げています。
・・・・・ハゼ追加・・・・・って感じです。
もう皆疲れて、そして、どこも爆風のため再移動する気もありません。
この段階で、今回の「釣り」は諦めモードになっています。

時刻は9:30。
食事して帰ろう・・・・・となりました。
どこで????


そう「ばんや」です。



興津から保田まで40kmのドライブが始まりました。
10:30頃、「ばんや」着。

けっこう混んでいましたが要領が良かったのか大して待たずに席に座れましたし注文もできました。
オーダーは(4名分)

天ぷら盛り合わせ定食(ライス大盛り)
イカ大根定食(ライス大盛り)
えび天丼(ライス大盛り):2名
小あじの唐揚げ

ガッツリ食べました。お腹一杯です。
こうなると全員40過ぎのオッサン達ですので、皆眠くなります。

ちゃ~~~~んす!

運転者であるI氏とT氏は「寝る」そうなので鋸南の道の駅で休憩爆睡モードです。

そう、ここは吉浜埋立地です。

早速、私だけ孤独なエギンガーになっていました。
皆、グーグー寝ている中、11:30から16:00(皆が起きてくるまで)までエギングしていました。
風は北西の風(やや強めで横殴り)、波もやや強め(手前のテトラはバシャバシャ)の状況です。

冬の真昼間、「釣れる」とは思っていないので、今日はエギの「着底」と「横風における立ち回り」をテ-マにエギの投げ込みを行いました。

いつもは夜間のエギングなので「着底」はキャスト時しか意識していませんでしたが、基本のシャクり後の着底とか、ずいぶん見えるようになりました。(それでも慣れていない場所でのシャクりゆえにエギを5個もロストしてしまいました。吉浜埋立地は、ずいぶん海草多いですね。海底もゴツゴツしているし・・・・)

また糸オモリとか巻きながら横風におけるテンションの掛け方、感じ方とか、ずいぶん勉強になりました。
さすがに、釣れませんでしたけどね(周りにもエギンガーは1人もいなかったし・・・・)


この吉浜埋立地では初めてテトラの上を大移動しまくりました。
いつもは夜ゆえに怖くて「お立ち台」の上しかいかなかったのですが・・・・・

けっこう、ここのテトラは移動しやすいのですね。



さて夕マズメの時刻を目前に控えた16時過ぎ。
皆、起きてきて最後の移動をします。

勝山港内メバリングです。
前回、私が行ったときに勝山港の船が繋留されている付近は海底が穴だらけの超ゴロタ場になっているのがわかっていたので、そこでメバリングです。


ラストチャンスとばかりにベニーサーディンを投げ、デッドスローなリトリーブをしますが・・・・・
やっぱり全然HITしません。

ということで残り少なくなった青イソを付けてI氏と投げ込みます。

ミニワームでは釣れませんが、さすがにリアルワームではボコボコ釣れます。
でもイサキとかヒイラギとかしか釣れません。
そんな中、I氏が10センチ強のメバルをGET!ついに本命が姿を見せますが、
夕マズメも終わり辺りが暗くなると、もう青イソでも釣れなくなってしまいました。

18時・・・・・・終了です。

帰りに車の中、私は終日寝ていなかったので、保田のインターを過ぎた辺りには寝付いてしまい、起こされたときには自宅の前でした。


うーん、新年「初釣り」はやっぱダメでしたが・・・・・・・・・・


また行きたいですね。
というより、「本当にミニワームでメバル釣れんのかい????」というのを非常に疑問に感じた1日でした。
終日風裏を探し、行き着いた所ではメバルの姿すらお目にかかれず・・・・・


大騒ぎしながら行った釣りのわりには得られた獲物も少なく、もっぱらエギングの修行に明け暮れた1日でした。



今回、写真はありません。
デジカメは持って行きましたが・・・・・・メモリーが指していなくて・・・・・アセ汗))))


現在、時刻は22時・・・・・・・これから寝ます、オヤスミナサイ。
また、皆で釣りに行こうね!!!!

コメント

非公開コメント