1月30日 初の東伊豆遠征

前回釣りに行ったのが確か1月3日位だった。

このとき、房総はもうダメだと思っていた。西高東低の一般的な冬型の気圧配置に極端に弱い。
洲崎なんかは週の半分は10m以上の風が吹いている。
そして晴れても曇りでも港内外問わず、見かけなくなってしまったベイトの群れ。
どうしてもテンションが上がらない。釣れる気がしない。
だからこそ・・・・・




いつものようにNET徘徊していると東伊豆でヤリイカが釣れているという。
場所は赤沢堤防、北川堤防・・・・・ほぅ・・・・ヤリイカなんて船オンリーだと思っていた。
防波堤エギングのターゲットなんだな。




よし!行ってみるか・・・・・ということでPCで調べたら自宅から赤沢まで160km

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・遠いな。


ナオジィを誘い、1月29日20時小岩発。
初めての伊豆ということもあり時間を計りつつ、高速代を調べつつ・・・・

それにしても料金所が多い。
結局、伊東に着くまでに7回も料金所で支払いがありました。
kousokudai no5イ

グワッ!!!計3300円もかかっているんですけど・・・・
しかも「ETCなら上限1000円」というのも、ほとんど効果が無い感じだし・・・・

民主党さん!早く高速道路無料化にしてください。このままでは破産です。


とブーブー言いながらも22時半ごろに伊東港へつきました。
最初は伊豆多賀でやろうかな、なんて思っていたのですが、去年家族で来た思い出の伊東港に寄りましょう。
ということで135号線を曲がったら、そこは新井堤防(小さい方)でした。
ここでテトラに乗り数投して白灯台に移動します。

干潮:23:30ごろ、満潮:6:30ごろ  大潮


今回のタックルもいつもどおりです。
 第1タックル:ロッド;インフィートEG84HI 
    & リール;セフィアBB、PE0.8号(エギング)
 第2タックル:ロッド;E-Gee79MLI 
    & リール;セフィアCI4 PE0.6号(エギング)
 第3タックル:ロッド;ソルティスティック 
    & リール;エアノスXT1000 PE0.4号(メバリング)


ここ伊東港には、あまり長いせず、赤沢に行くつもりだったので第1、第3タックルのみで
ショルダーバッグのみの軽装。

おお!久しぶりだなぁ、1年前と変わっていないや。
この堤防で誰かがエギでイカを釣り上げたのを見てしまった為に、今の私はここまでエギングにハマってしまっている。


それにしても誰もいない。金曜日の夜は穴場なのかな?
とりあえず先端に陣取り、3.5号の乱舞エボ(オレンジのシャロー)をキャスト。



3投くらいしたら・・・・・・ビクンビクン!と手ごたえがくる。
おお!イカだよイカだよ!

いつものアオリの感覚で15秒程待っていると、フッと軽くなってしまいました。

あ・・・・・・そうか・・・ヤリイカは蝕椀が短いから即アワセでいいんだよな。

もう、こないかもしれないな・・・なんて思いながらキャストしたら、



またビクンビクン!

今度はバッチリ!乗りました!
たぶんヤリイカというヤツでしょう。(時刻は23:40ごろ)
no1.jpg



引きはアオリと比べてはいけません。ツツイカ系ですので・・・・

エギを掴んだ感触の繊細な当たりを楽しむモノですね。

さて絞めちゃいましたが・・・・・クーラーボックスは車の中だ。
クーラーボックスを取りに言って釣り再開。


しばらくすると、先ほど新井堤防に行ったときにいた家族が、こちらに移動してきました。


「釣れましたか?」と聞かれ、「ヤリイカ1杯!」と答えられるのはチョット優越感。
子供たちがビックリしています。

そして、その子供たちの目の前で、またあの感触がきます。

チョン!とあわせて今度も乗りました。0時20分です。
no2.jpg

1杯目とほぼ同じ大きさ。エギはアオリQ JP(マーブル系 3.5号)
こうなると、深夜の釣り場のヒーロです。 
子供たちが集まり、「これがイカかぁ!」なんて見ています。

うん!いいね!いい感じだね!!!


ところが、このイカを釣った直後から風向きが変わり、西風が北風になってしまいました。

左から右への風で結構強くなってきています。さすがに釣り辛いと釣れないもの・・・・
やがて家族たちは諦めて引き上げてしまいました。


我らも、もはや釣れなくなってしまいましたのでここで赤沢を目指します。

AM2:00、伊東港から南下すること約20Km、
赤沢堤防につきましたが・・・・・・先客でいっぱい。

入る場所なんてありません。ダメじゃん。ここを目指してきたのに・・・・
しかたないので、そのまま北川港へ移動。

ここも港の堤防に立ってみましたが、先端は人でいっぱい。
伊東とか誰もいないのに、こちらはけっこう先客がいるのですね。(皆、電気浮きです)





ダメじゃん。やれないじゃん。


ということで、引き返します。また伊東港に戻ろう。風も変わっているかもしれないし・・・

でも途中、川奈港に寄ります。

ここは常夜灯が多数あり、メバリングにいいかも、ということでメバリングタックルにガルプベビーサーディンの出番です。周囲を山に囲まれ風はぜんぜん感じません。

1gのジグヘッドも余裕で投げることができます。・・・・・・・が、釣れません。
メバルいないのかな???と思うことにしました。



ここでも堤防の上でエギングでしたが、なかなか雰囲気良いところでした。


そうして時刻は5:00

伊東港白堤防に戻ります。先行者はいますが先ほどヤリイカを釣った堤防先端は空いています。

風はやや吹いているものの、そう強いわけではありません。
しばしエギングですが、もう当たりはこないようです。

そして、夜明け。



ふと、先行者の爺さんが私の隣に来て、メタルジグを投げ始めました。

すると・・・・・ボッコボッコと鯖を釣り上げます。
1投1釣の感覚。


すかさず私もメタルジグを投げます。
これが釣れる釣れる!(全部、サバ)
no3.jpg

私は青物用にメタルジグを持っていたのですがチョットサイズが大きいようです。
サバは25センチくらいで口も小さいので私のメタルジグではフックが大きいようでした。
(当たりはあるもののフッキングしにくい)

ここで以前、シュウくんに貰った5センチサイズのシンキングペンシルにすると・・・
またまた釣れだします。

でも、手入れしていなかったのでフックはサビサビ。
1匹釣る毎にトリプルフックが1本1本折れていきます。

ついに前後のフックが両方ともシングルフックになってしまいました。

いや~~~~バラすバラす。ぜんぜんフッキングしません。
1回投げると、4回位、当たりがあるような状態です。

ま、それでもサバを7匹キープし時合は終わりました。

この間、周囲の海面は一面ベイトだらけで、あっちこっちでナブラの連発でした。


やっぱ、釣れるとき、釣れるところはベイトがいるのですよ。
ちなみに爺さんは20匹以上のサバお持ち帰りでした。




さて、1月30日は、あっちこっちに表示されていましたが、この日は伊東市の駅伝大会があるようで9:00~昼過ぎまで135号線が使用されるようです。
この道路を止められたら私たち帰れないんですけど・・・・・


ということで7時過ぎに引き上げです。自宅には11時過ぎに到着しました。

帰ってから見ると・・・・
no4.jpg


ウジャウジャいますね。

ヤリイカは刺身用に裁き、サバは・・・・・私はアレルギーがあって食べられないので・・・・
親父やお袋さんのご要望どおり、4匹干物、3匹は〆鯖を作りました。


干物は翌日まで外で干しっぱなしです。(大丈夫かな・・・・・)





さて初伊豆エギングの感想です。

ま、釣れたので一先ずは最高の結果ということです。
ヤリイカはタイミングが大事なのだそうで釣れる釣れないというのがハッキリしているようです。
これは完全に回遊しているからなのでしょうね。
群れに当たれば釣れますが、群れがこないと、イカがいないので全然釣れないということです。


次回、釣りにいけるのは2週間後か3週間後。

交通費がイタいですが、近いけど釣れない房総より、遠いけど釣れる伊豆でしょう。



うん、また行きますからね!
次は2週間後くらいの2月12日夜を予定しています。

コメント

非公開コメント

海釣り:梅雨入りした東伊豆の伊東港と川奈で

釣れてますねー?うらやましいです。曇り空でしたが、梅雨入り前後時期の海釣りが、よく釣れる聞き、早朝から東伊豆へ行ったのでしたが、食べられない金魚(ネンブツダイ)や子メジナが釣り堀の様に多く釣れ、食べられる大きめなメジナと子サバとイワシは少しだけでした。堤防の砂浜付近の景色が綺麗でよかったでしたが、アジを一番釣り上げたたかったです。

Re: 海釣り:梅雨入りした東伊豆の伊東港と川奈で

智太郎さん>こんばんわ!ずいぶん前の記事にコメありがとうございます。
ブログ拝見しました。
伊東港は私がイカにハマるキッカケになった思い出深き場所です。
今でも東伊豆方面に行くと必ず寄ります。

伊東港は関東ではおそらくルアーでも釣れる魚種が最も多い堤防かと思っています。
春はアオリイカ、シーバス、
夏~秋はタチウオにアジに青物各種に秋アオリ
冬はケンサキイカ、ヤリイカ、カマス、サバ、

もうなんでも釣れますよね。
それゆえ地元常連が日々幅をきかせている場所でもあります。
案外彼らは夜中はやらないので、私のようなナイトエギンガーは彼らとぶつかりません。

一番良い所は余裕で取れます。(白堤先端外海側)

智太郎さんはファミリーフィッシングの範疇でコマセ使ったサビキ釣りとかなのかなぁと思いましたが、
あれはあれで大物釣るのはなかなか難しいものがあると思っています。

エサ釣りもいいですが、たまにはルアーも投げてみるのもいいかも。

早朝の青物を1度釣ったらヤミつきになりますよ。

刺身がうまいし・・・・