釣った獲物はきれいに食べる、その後に地獄が待っていようとも・・・

さて今回は写真はありません。


先日伊豆に行って釣ったのはヤリイカ2杯、サバ7匹
これを釣りから帰ってきたときから捌きはじめ、料理をしてしまいました。

イカは解体して皮をとり刺身用に開いて完了。

サバは親父のニーズもあり、3匹を〆サバに・・・・4匹を開いて干物にしました。


〆サバの作り方。
①サバを3枚におろす。
②切り身には大量の塩をふり、そのまま1時間放置。
 するとサバの身から水分がどんどん出てきます。
③酢で塩と水分をきれいに洗い流します。
④酢に1時間程漬け込みます。
⑤酢から出して皮を剥ぎ、小骨を刺抜きできれいに抜いて完成。

出来上がり直後に家族が食べると「しょっぱい」「からい」と大不評。

一方の干物は1日干した程度では全然半生状態。

イカの方は、セオリー通り2日寝かせるつもりでした。

さて2日たった2月1日夜。

イカ、干物、〆サバが夕飯に登場。


まずはイカ。
おおお!ネットリとして甘みが増している。ウマイじゃん!
肝和えも最高です。

干物・・・・これもイケます。
確かに干物になっていました。

そして〆サバ。
作りたてはしょっぱかったのに、塩がなじんだのですかね。
いい塩加減になっていて非常に食べやすい。
20年近く〆サバなんて食べてこなかったのですが、これは食べられました。
オイシイんです。


釣った魚をオイシク食べられるのですから、これは釣り人冥利につきますね。


さて・・・・私は魚アレルギーがあります。
ブリ、サバ、などの魚を食べると・・・・・・・・


まず腹が痛くなります。これが30分続きます。
その後、全身がかゆくなります。もう頭の先からつま先まで2~3時間全身がかゆくなるんです。

その後、両腕がむくみます。これが4時間続きます。

最初は32歳位のころ会社の食堂でサバ味噌食べたときに出ました。
その後、正月のおせち料理でブリの煮物を食べたときに出ました。

それ以来1年に数回、なんらかの魚を食べると、このアレルギーが出るんです。
当然病院でアレルゲン検査をしましたが原因不明(・・・と、いうことはアレルギーじゃないらしい)


夏にワカシやショゴを釣ったときには、このアレルギーが出ました。
(ワカシはブリの若魚ですからね)



もう地獄の苦しみですが、釣った以上は仕方ない。




かゆくなるのを覚悟で釣って食べるんです。


さて今回のサバ。


当然、かゆくなるのは覚悟で釣りをして料理をし食べたのですが・・・・
かゆくなりません(食後1.5時間現在)

大丈夫みたいだな。
これならまだ残りの〆サバや干物を食べられるな。
たぶん煮魚がダメなのかも・・・・・・・


また次に釣りにいったときにたくさん釣って試してみよう!




ま、うまいんだから大丈夫でしょう。




コメント

非公開コメント