エギの改造

さて・・・・エギの改造にハマっている。

前回、シンカーを切りすぎて浮いてしまう・・・・というドジをふんだ。

今回は切りすぎたシンカーにハンダで重量を乗せることを行った。


今回、初めてわかったことなのだが・・・
エギのシンカーはハンダコテで簡単に溶ける。

わざわざグラインダーとか買う必要は全く無かった。

ということで本日はノーマルの魚邪のシンカーをハンダで溶かし、軽量化して
ヤスリで仕上げるということを行った。


この方法が一番お手軽で簡単だ。

糸ノコで切るのはかなり大変。
その点、溶かすのは簡単。

ということでこうなりました。

CIMG0337.jpg


オレンジは穴のすぐ下までカットしたら、またまた浮いてしまったのでハンダを盛りました。
これでかろうじて沈む程度。

緑の方は、少しカットしてやや軽くした程度。
たぶんこれでノーマル状態なら3.5秒で1m沈むのが5秒で1m位になったのではないかと思う。


さて魚邪は・・・・


CIMG0338.jpg




上のオレンジは前回切りすぎたもの。
これに、カットしたシンカーのカスを載せてハンダで溶かし盛り付けました。

これで超スローシンキング。かろうじて沈む程度。

真中のフラッシングイワシは糸ノコでカットしました。
普通に沈みますが、だいぶ遅くなっていると思います。

下のアジはもう少しシンカーを残しました。




さて、次回の釣行予定は9日夜。

まぁ、当面は釣れるとは思っていませんが、この改造エギを中心に遊んでくるツモリです。



デハデハ

コメント

非公開コメント