釣ったらオイシク頂く!そしてニューロッド ソルティスト エメラルダスST-86MLのインプレ

さて・・・・・先日、釣った魚たちは帰宅後すぐに自分で捌き、下ごしらえだけしておいたのですが。

会社から帰ってきたら夕飯のメニューになっていました。

まずは・・・・

CIMG0452.jpg

アナゴの天ぷら。
これ・・・・食べたかったのです。

素人の裁きですので若干の小骨はありますが・・・・・身が軽くて実にデリシャス!


そして・・・

CIMG0453.jpg

ソーダガツオの煮付け
血合いに微毒があると言われているソーダは生食の場合はけっこう危険視されていますが、
煮付けなら大丈夫。
血合いは捌いた段階でほとんど取り除いたので身は少ししか残らなかったのですが、
それでも実にうんまい!

これなら次回も釣って持ち帰ってもいいかな?


そしてメインディッシュ

CIMG0449.jpg

アオリイカとマダイの刺身
アオリは余りに量が多すぎたので半分はご近所様にお裾分け。
タイは逆に身が少なすぎてわずかしか楽しめませんでした。

が、タイは刺身以外の部分はダシが取られてタイスープが用意されていました。

私は、タイの身とイカを少々ゴハンに乗せてアツアツのタイスープをかけてタイ茶漬けです。

タイスープはマジでダシが良く出ていて非常に美味です。



これこそ釣りの醍醐味ですね。





さて・・・オニューのロッドのインプレをやっていなかったので・・・・
ここで能書きなんぞたれてみましょう。


今回、ソーダ祭りからキロアップのアオリまで全ての獲物はエメラルダスST86MLで
釣り上げました。


これまでMLロッドは小さいエギを動かし、敏感なティップで感じ取り・・・・
小型の獲物をターゲットにしている、というイメージでしたが、いやいや・・・

30センチ以上もあるソーダの横走りに充分対応できますし、キロアップのアオリの
ジェット噴射にも余裕で対応できます。

走られていてロッドに対する不安感は全然ありません。
(この不安感を感じない、というのが最重要かと思っています)

むしろ、竿が大きく曲がり実に楽しいです。


ただ前々回、香谷に行ったときにジギングサビキを付けたまま足元に垂らしておいたら
直径40~50センチくらいのエイがスレがかりしてしまい・・・・
このときは話にもなりませんでした。
エイがビュンと走ったらプチン!とラインブレイク。
ま、これはこれで仕方ないでしょう。
だって、足元に置いてあったロッドがいきなりズリズリ動くんだもん。慌てました。


まぁいずれにしても、ドラグを駆使してうまく対応すれば実に楽しい釣りが出来るのだ、
ということが、よくわかりました。
もうしばらくライカルのMHのロッドは使わないんじゃないかな・・・
これはこれでけっこう重いし・・・・

私が釣りの対象にしているイカや青物とかは全てこのロッド1本で対応できることがわかりました。


ただ青物を5m下の水面から抜きあげるのは非常に不安です。
ま、そういう使い方をするロッドではありませんけどね。

一方、重いエギはちゃんと動いているのか?という疑問は常にあります。
足元でチョンチョン動かしているブンには、ちゃんと動いてくれますが、
50m先で4号のエギは、はたして動いているのか?
これは自信無いです。かなりロッドが動きを吸収しちゃっていると思います。
でも4号エギでも振り子投げならフルキャスト出来ますし・・・・
そこそこ動いてくれているのでしょう。

そして1gのジグヘッドでもティップの曲がりを利用してけっこう飛ばすことが出来ます。
ライカルですと全然飛びもしなかったのですが・・・・これはこれで便利です。
ちなみにメタルジグ14~28gですと、感覚的に80m位飛んでいると思います。(追風参考)
これは気持ちいいです。

飛距離はロッド要因もありますが、リールの性能やライン太さ、巻き方とかも影響するのでしょうけど・・・・


ま、非常に軽いし、実に楽しめるロッドとして当分はこのロッドが私の1軍として活躍してくれることでしょう。





そういえば、今回お奨めのジギングサビキは・・・・・使いましたよ。



この仕掛けの不安は、釣れるとゴチャゴチャに絡まることです。
築港でのソーダ祭りのとき、ずっと198円のメタルジグのみを付けて釣っていたのですが、
最後に切り札として、このジギングサビキを付けたのです。

当然、釣れます。


それも3匹同時に・・・・・HIT!

結局、1匹は取り込みの際にバレてしまいましたが2匹は取り込みました(すぐリリースしましたが)

やはり仕掛けはグチャグチャになりました。

でも確かに釣れます。



実績も充分にありますし、まさしく無敵の仕掛けだと思っています。
ただ1回に数匹かかってしまうのは、むしろ欠点になっていますね。
1回のキャストで3匹が寄ってくるのが見えてもタモ網でもなかなか取り込めないものです。

MLのロッドですと抜き上げなんて出来るわけもありません。
普段はタモ網なんて持たずギャフ持参なのですが、ギャフではどうしようもありませんでしたね。


ま、ジギングサビキはパフォーマンスの釣りですのでヘビータックルで3匹イッキに抜きあげるのが醍醐味なのかもしれません。





デハデハ







コメント

非公開コメント