2月25日 リバー バチ抜け

24日金曜日の夜に出撃するハズだった。
気温も高く、風も東風要素の微風。夜中から雨の予報だったが・・・・
会社を出るのが遅くなった。家に着いたのは21時。
諦めるしかなかった。

翌朝25日土曜日、雨が降っていた。
この雨は夕方までには止む予報。そして予報通り夕方には雨はあがっていた。

しかし房総半島はこの日の夜は強風予報。
かなり迷う。行くべきか、行かないべきか・・・
北風強風だと、また岩和田でアジか・・・アジは今夜じゃなくてもいい。
前日ならば内房へ行きエギングとかメバリングとかでも良かっただろうに・・・・



一方、湾奥シーバスの世界では江戸川の放射性物質濃度の話題があり、そしてバチ抜けが始まり・・・・


行って見るか・・・・バチ抜けを見に行こう。

と、19時単独で出発。

満潮18時半ごろ。
北風弱風予報。
気温は6度。

秋にはランカーと遊ばせてもらった旧江戸川のいつものポイント。
到着は19時。

ほぼ満潮。時々何かがライズしている。
川面にバチは全然見えない。

開始数投でガツンとHIT!

緩めのドラグがイッキに鳴き出す。
ドラグを閉めこむ間の約10秒間程度でテンションが抜ける。

あ~~~バレた。


でもわかっている。あれはシーバスじゃないだろう。
そう感じているのでバレたのに気持ちのテンションは上がらない。


時刻は20時過ぎ、流れが出てきたな、と思ったら川面になにやらたくさん浮いている。



2012022502.jpg


ようやくきたか・・・・

いつのまにか辺り一面バチだらけ。

まさしくバチ抜けだ。噂どおりバチ抜けは始まっていたのだ。

魚もテンションが上がっているのか、時々大きなライズがある。


自分のテンションも上がってきた。

バチ抜け用ルアーなんかは持っていないが、まぁあまり関係ないだろう。

と、派手なカラーのミノーをスローリトリーブしているとティップに感触がきた。


すかさず鬼合わせ!



激烈な引き!



キタ━━━━━━ヾ(゚∀゚)ノ━━━━━━━!!



さっき閉めこんだハズのドラグが平気でジージー出される。
全く止まらない。

下流側に走ったのをフルロック近くまで締め込みなんとか止めると今度は上流側に走る。

まるで青物のよう。

秋に釣ったランカーよりはるかに引く。



だが・・・・・・わかっていた。


数分の格闘の後、点灯させたヘッドライトの中に巨大な魚が見えてきた。

全然抜きあげられるレベルではない。


やっぱタモを用意しておいて良かった。


そして・・・・・


2012022501.jpg


だよな~~~わかっていましたよ!



ライカルRE902EH
エクスセンスCI4 4000
PE1.2号
ガイア シンキングミノー 9センチ キャンディカラー


たぶんこれ、ハクレンです。

ハクレンじゃ80センチなんてサイズは小物かと思います。

ま、楽しめましたけどね。


タモに入れたまま撮影しているのは理由がありまして・・・・
シーバス用とかのフィッシュグリップでは全然掴めないんです。

引っかかるところが無い。

仕方なく、このままリリースです。


その後・・・・・



相変わらずバチは大量に流れていますが、全然HITはありません。



風も強くなってきたし・・・







船橋港に浦安を巡回して23時に帰りました。

船橋港でもバチは少数ですが浮いていましたよ。





反省>

外道のハクレンとはいえ80センチのサイズですと、ファイトは実に楽しいものがあります。

しかし、あれだけのバチが抜けているのにシーバスは全然HITしない。

やっぱバチ抜け用のルアーとか必要なのかな、それともポイントなのかな・・・

ま、まだまだバチはいるでしょうから色々調べてみます。




ではでは



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村



コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様でした。

デカイの釣りましたね(笑) 引きの強さは、メータークラスの
シーバス並みだったりして!?
強風の中、無理に遠征しないで正解だったと思いますよ。

バチ抜け用のルアーなら、エリア10が最強では?
imaコ○モのパクリ?で、昔は安かったのですが、
バチ抜けの釣りにやたらと効くのが広く知られて、
少しお値段が高くはなりましたが、それでもお手頃
価格でお勧めです。 スローリトリーブが基本ですが、
状況によってはデッドスローからミディアムまで、
リトリーブスピードを変えてみるといいですよ。

江戸川の河口部の底にホットスポットができていると、
テレビで観ました。 まぁ、湾奥の魚を食べる機会は
ほとんどないですけど、餌釣りを楽しんでいる方達は
キープが基本でしょうから、何とも困った問題ですね。



No title

こんにちは。

江戸川水系はレンギョが多いですよね~
魚の引きは十分楽しめますが、
頼むから、バレてくれ!と願ってしまいます。。

次回の大潮回りは夕マズメからの下げなので
久々に私も逝ってみようかな。

No title

まこあぱさん、こんばんは~

自分はバチ抜けなるものをこの目で見たことがないんですよ。。
こちら利根川河口部でも夜行けば見えるのでしょうね。
あっ、流れが無ければダメなのかな?

それにしても大きなハクレン、お見事でした。
利根川河口ではハクレン、ソウギョ、レンギョ(わたくし区別がつきませんが・・)が大発生する時期があります。
過去にメーターのハクレン釣って、ロッドの腰が抜けてしまった人がいたようです。怖いけど、ものすごい引きなんでしょうね!

自分もバチパターンとやらで一匹釣ってみたいものです。
ハクレンではなくシーバスを。(^^;

No title

お疲れ様でした。

ライカルで80UPのハクレンをよくとりましたね~
僕の腕では無理だと思います。

シーバスってほとんどやったことがないんですが
バチパターンとかそのほかにもいろいろあって
奥が深そーですね。
湾奥のはヤバイですがシーバスっておいしいですか?

シーバスロッド買って入魂できてないへたっぴより

Re: No title

みそじぃさん>こんばんわ!
いや~引きだけはデカかったです。
魚の顔もデカいですが・・・

エリア10、今日買ってきました。
バチ抜け最強の呼び声高いこのルアーを次回は使ってみます。

放射能問題は・・・まぁ気にしません
リバーではリリースしますので・・・

Re: No title

toshiさん>こんばんわ!

まぁ照明の中でこの姿が見えたときにはどうしようか、と思いました。
ガッチリフッキングしているし・・・
触ると臭いし・・・

まぁネタとしての魚ですよ。

今は夕マズメから下げますので案外チャンスなのかもしれません。

Re: No title

イチローさん>こんばんわ!
バツ抜けはたぶん利根川でも見れると思います。

あたり一面ゴカイが泳ぐ。
まぁ見ていて気持ちいいものではありません。

ハクレンは確認されている限り、利根川水系でしか繁殖できないそうです。

まぁ釣れればそれなりに何でも楽しいものです。

Re: No title

fun-tomさん>こんばんわ!
いや~デカいだけでなんてことはないです!
ラインがPE1.2だったのでドラグはほぼフルロックでした。
でもシーバスは全然姿を見れませんでしたから・・・
まぁダメですね。

ちなみにシーバスは館山で釣ったものを数回食べました。
白身の魚でウマいですよ。
刺身でもムニエルでも・・・

ぜひ食べましょう。
湾奥のはヤバいですが・・・・


No title

こんばんわー

噂の放射能バチですな(^_^;)

しっかし、ハクレンなんて棲んでるんですねー
知らなかった・・・(驚)

いやーでも写真を見るだけで苦手です(T_T)
フナとかコイ系が本当に気持ち悪くてダメなんです・・・触れませんわ・・・

Re: No title

イカキチさん>おはようございます。

江戸川等の利根川水系はこういう魚がけっこういるんです。
顔がキモいですよね。
実際釣り上げたあともキモくて触れません。

というより引っかかるところがなくてフィッシュグリップでも持てないんです。
結局、魚には触らずリリース。

ま、そういうものです。

No title

こんにちはー

ハクレン、ナイスファイトしますよね。
これだけの大物かなりの腕前でないとキャッチできませんよ~
スゲー勢いで走るんですよねー!
僕は3回ぐらいヒットしてますが、まだキャッチしたことは無いです。

うらやましいですぅ!

ps、、、最近タモ使いません!だって臭いんだもん!

お疲れ様です。

息子も綾瀬川と荒川合流点に土曜日行って50cm一本だったみたいです。

凄いバチの量みたいですが、ボイルも無かったみたいです。

バチ抜け=爆釣ではないみたいですね!

自分も釣り行きたい~(涙)

Re: No title

一発屋さん>こんばんわ!
いや~ハクレンなにげに最高です。
ファイトの重量感はシーバスの比ではありませんね。
残念なのは自慢できないことくらいでしょう。

タモは確かに臭くなります。
車に積むときは要注意ですね。

Re: タイトルなし

ジョニーさん>こんばんわ!
バチは大量にいますがシーバスはいないようです。
まだ産卵から帰ってきていないんですかね。

ま、もう少し時間がたたないとリバーには戻らないのでしょう。
湾奥エリアなら・・・・イケるかもしれませんが・・・

私も少し修行をつみます。