5月25~26日 房総ランガン

木曜日だったか、T氏からメールが届く。

「土曜日の夜行くか?」


まぁいいけど・・・・行こうと思っていたし。

ということで・・・・


大潮
満潮:17時半
干潮:23時頃
満潮:4時半
干潮:11時半
南東の風微風予報で確かに夜中は微風だった。
最低気温:20度

風が弱い。
その予報を見ただけで・・・・・・即、行きたくなった。
T氏が動けるのは・・・20時頃だろう。

ということで先発隊出動。


用意したタックルは・・・・

アジングタックル2本
エギングタックル2本
シーバス(兼サーフ)タックル1本
ショアジグングタックル1本の計6セット。

すっごい荷物だ。こんなに使うことはないのに・・・


15時半、小岩出発。単独釣行。
前日の海水温は勝浦に20度ラインが接近遭遇。
南房、内房は19度ラインの中。
GPV予報では外房は昼間っから風が弱く、夜中も弱い。
内房は夕方まではけっこう強く、夜から弱い予報。
ならば、勝浦だ!行動時間も早いし勝浦から南下しよう。
T氏の合流タイミングによっては鴨川から保田に行ってもいい。

ということで、17時半位には勝浦エリアにいた。

まだ太陽は沈んでいない。

最初から南下しまずは松部漁港でタックルセットアップと様子見。
テトラ上には釣り人多数。
エギンガーもいる。

さすがに松部のテトラは怖いので・・・・港内アジングしているがカスりもしない。
30分で移動。

次は興津西漁港。
駐車場は車でビッシリ。それくらい釣り人がいる。
テトラ上はほとんどエギンガー。奥の堤防はエサ氏とエギンガーアジンガーが少々。
テクテクと堤防を進むとイヤなモノを見てしまった。

1人のエギンガーの傍、通路上にたった今、釣り上がったばかりの推定2kgの巨大アオリイカ。



あちゃ~、もう終わりじゃん。と思うが、今、目の前で釣れたという実績には抵抗できず、
ここでシャクる。

相変わらず、浅くて海藻が多い。
非常にヤリずらいのだが、後々このシチュエーションでないとアオリはいないだろう、と痛感する。


興津西の堤防はエギングの場合、通常港内側にキャストするが、堤防先端付近にイケスの網、
30m位先に多数のブイ。そして50m先ほどに堤防と並行に100m程網が入っているようだ。
この網、ちょうど堤防とテトラとの中間位の距離に堤防に並行に入っている。(川の字のような感じ)

2kgアップエギンガーは、向かい合わせになった突堤先端からこの中央の網と並行になるようにキャストしていたようだ。

ま、結局他にアオリの姿は見れず、ここでは2時間もネバってしまった。

さて次は浜行川漁港に寄る。ここは全然行く気はなかったのだが、ちょっと寄り道。

港内を見ると人は少ないが、水面が騒がしい。

イワシが入ってきている。それもかなり多数。
こうなると色々やりたくなる。
中央突堤で夫婦がサビキをやっているとアジがけっこう釣れている(20センチ位)

そのとなりでアジングをやってみるが全然当たりはない。


いや、当たりはあった。

2012052501.jpg

こんなんですけど。




そして港内にイワシがいるのでルアーも投げてみるが全く反応はない。
そうしているうちに堤防先端にいた釣り人は全員引き上げてしまった。珍しい。
ということは、釣れないんだろうな。
ということで、イワシが入ってきているんだから何か回ってくる期待は大きいのだが、一通り試したので移動。

ここにイワシがいるなら・・・・興津東に戻るか、小湊を見に行くか、
まぁ小湊漁港に行った訳です。
堤防先端では相変わらず地元とおぼしき連中が焚き火に宴会をやっている。
ベイトっ気は皆無。そうそうに退散。

この時点で時刻は22時頃。
ここまでどこもほぼ無風の状態。

さて頭の中は内房への移動を考えている。
そういえばT氏から連絡がない。ということは今夜は来ない、ということだな。


これまでほとんど投げているのはエギ。
次もエギを投げたい。

ということで鴨川に南下し、前原に寄ろうか迷うがパスして太夫崎漁港へ。
漁協前の常夜灯の下には1人のエギンガーがいた。
どうやらここでは南東の風、つまり向かい風。それもけっこう強い。
アジングタックルでは厳しい。がジグヘッドを2gにして投げるも無反応。
そのエギンガーの方も色々投げ倒したようだった。
エギングやるなら漁協前より堤防先端手前の突堤だと思うが、あまりに向かい風なので
ヤル気が無くなる。

うん、勝山へ行こう、ということで房総半島横断コース。
ナビに従い移動していると、どう見ても館山に向かっている。
それも館山市街を通る。

ならば久しぶりに北条海岸ヘッドランドに寄る。
タイミングは干潮なので期待はしていないが、当然風の向きは追い風になっている。
1時間位、外海側を攻めたが、以前はウジャウジャあった海藻が全く無い。
どうしたんだろうという位ない。ほとんど砂地。
これじゃ期待できないだろう、と思う。わずか3年で海の中は変わってしまったようだ。

ここまでくると次はやっぱ浜田堤防に寄る。

暗い中、シーズン真っ只中のハズだが、エギンガーは少ない。
腰を落ち着けたのは第1コーナーの角。最近一番釣果があるところ、と思っている。

投げてみて気づく、ここも海藻が全然無い。全く引っかからない。
まわりにいる数名のエギンガーも釣れている様子はなく、2時に自分が引き上げる頃にはエギンガーは2名しか残っていなかった。ちょうど上げ5分位でベストタイミングかと思うのだが・・・
本当は浜田で朝までネバってもいいと思っていた。
が、なんか釣れる雰囲気を感じなかった。風は全然無かったんですけどね。


次は見物堤防。
ここも第1コーナーで30分程撃つ。
なんとなく、ティップが引っ張られた感触が2回程あったがフッキングせず。
イカじゃなかったのかな。


南房最後は坂田堤防。
ここでは東の風強風になっていた。


時刻は2時半。決断のとき。
多分T氏はもうこない。
彼がやりたかった南房サーフのヒラメは今日はやりづらいと思われる。
おそらく波打ち際は海藻だらけになっていることだろう。
その分、岸に向かう風でベイトッ気は期待できるのかも。
なら乙浜方面にでも行こうか・・・・と思うが。



東の風なのだから・・・・当初考えていた通り勝山とか舟藤堤防とかに行こう。
何気にけっこう遠いので富浦から高速に乗り保田で降りる。

勝山に行く前に・・・・・吉浜埋立地に引っかかる。

もうすぐ満潮。

テトラ上はエギンガーだらけ。
それでも入る場所はあった。
風は追い風だが左から右への強風。

テトラの釣りは疲れる。

ここでも30分位で退散。エギンガー密度もけっこうあったしテトラは移動も大変なのですぐに引き上げ。



さて・・・・・・




ここまで来たら行きます。富津新港のシリヤケイカ。

4時位に富津新港に到着。
あたりはかなり明るくなってきている。
いつもは入る隙間も無いくらい人がいるのに、さすがにこの時間だと人の密度が薄い。

場所は選び放題。前回とは反対側の空きスペースにポジショニング。


とにかく小さくシャクってズル引き。


左側の端の人がポツポツと3杯釣っている。

中央付近の人が1杯釣っていたのを見かけた。



それだけの時間がやたら長かった。


状況が変わったのは6時頃私の隣にかなり強引に入ってきた老夫婦。
約5mの隙間に2名入ってこられた日には・・・・

交差しまくりなわけです。でもそれが富津クオリティですので文句は言わない。
狭いところでは1m間隔で老人が並んで投げている。もう交差しまくり(笑))


さて、この老夫婦。老婆の方は、釣りは慣れていない感じ。
旦那さんの付き添いで仕方なく、という感じ。
キャストは慣れてはいるがコントロールは全然ダメダメ。
当然私とも交差しまくりなんですが・・・・・


時刻は6時半。
この老婆にシリヤケイカが突然HIT。

周りは皆、えっ????という感じ。当然、私もえっ???って感じ。






だが、次のキャストで私にHIT!!!!

一瞬のテンションで、すかさず合わせたらズッシリとした重量感。

そしてイカ独特のグイ~ングイ~ンという巻き心地。


ついにキタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !!!


当然タモ使ってランディング。

2013052602.jpg


ロッド:ダイワ;エメラルダス ST-86ML
リール:ダイワ;10セルテート ハイギヤカスタム 2506H
ライン:PE0.6号
エギ:エギ王Q オレンジ3.5号 糸錘で重量アップ。




そして次のキャストで


またキタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !!!


2013052603.jpg


な~いす!!!


そして老婆にも2杯目。



これでこのときの回遊は終了。また誰も釣れない時間が始まりました。



シリヤケイカきびし~~~~~~~!!!



ま、2杯釣れれば充分!!!


心の中に余韻が残っている7時半。撤収です。







反省>

何故釣れないのか・・・・それを考え、反省しなければ次に繋がらないが・・・・
今回は疲れました。

ま、最後にシリヤケ2つ採れたんだからいいでしょう。満足ですよ。

それに今回はエギ、ルアーのロストがゼロ。いや、エギが増えました。

シリヤケ用のデフレエギですが・・・・






捌きの刻>
いや、この日記をかている段階で捌いていません。(昼の12時半なもので・・・・)





さて次回は・・・・どうしようかなぁ。
前回、城ヶ島で空振り、今回も外房、南房で空振り。
保険のシリヤケだけ、という体たらく。

でも今年のシリヤケ、去年同様密度が薄いのでなかなか釣れないですよ。
けっこう難しいです。全然保険になっていません。

そして釣れた時はけっこう嬉しいんです。





今回釣れた2杯も嬉しかった。











デハデハ



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

お疲れ様でした。

今回はぐるっと行きましたね。
海水温を見てると外房が非常に気になったのですが、
まこあぱさんもそっちから入りましたか。
そして、どこも人がいっぱいでしたね。
シリヤケの墨跡は去年よりずっといいと思うんですが、
一昨年ほどではないようですね。
2杯も獲れてうらやましいです。

水温上昇があったから
釣り人多かったのですねぇ。
なんだか昨日からやたら人が多く
え!?こんなところにも!??
みたいなところに 人!人!!人!!!!
だったので驚いていました。

イカ②Getおめでとうございました♪
シリヤケって何で食べるのが一番いいんでしょうか?

こんばんは!

土曜日、16:00過ぎまで松部のテトラでしゃくってましたよ
その後、興津西のテトラ&堤防、こちらは19:10撤収

ほとんどニアミスでしたね

しかし堤防・港内ではまったく釣れていないと思ってましたが
なんと2K↑が挙がってましたかぁ

エギロストがゼロってのはうらやましい、
ワタシはなんと7~8個ロストしました(x_x;)
(史上最高です・・・)

世の中、アオリ釣れているらしいので、また来週に期待
ですネ(o^-^o)

Re: タイトルなし

あれ?どなたかな?

さて、やっぱ海水温が高くなっていますので外房は気になりました。
人、いましたねぇ。
シリヤケは、2年前程ではないものの、ポツポツ釣れていました。
私もそのなかの 一人になんとかなれました。

でも釣れていない人が圧倒的に多いですからねぇ。
なかなか難しいものです。

Re: タイトルなし

まぁさん>こんばんわ!
夕方は釣り人多かったですが、夜中はたいしていませんでした。

シリヤケはイカとしてはB級品なので、刺身は向かないとかいわれています。
今回はイカフライ。肝のホイル焼き、醤油漬け焼きで頂きました。

おいしかったですぞ~~~

Re: タイトルなし

習志野Mさん>こんばんわ!
松部に興津西!完全にニアミスですね。
両方共同じころいましたから・・・
松部はテトラから海沿いに抜けるルート知らないので
全然乗りません。ここはデカイカポイントとして有名ですけどね。
興津西は釣れているのはその2kgサイズだけで他はゼンゼンダメダメだったようです。

今回意識的にボトムコンタクトはせずに海藻のチョイ上を探ったのでそれが功をそうしたのかも

PE0.6号では海藻でも平気で切れますので・・・・

また来週に期待です。

お疲れさまでした

シリヤケおめでとうございます。
外房もエギンガ-多いんですね
いつか攻めたいと思いつつ未だ手つかず
参考になります!

私は今日の夜からまた館山&内房エギング行ってきます。

Re: タイトルなし

くんくんさん>こんばんわ!
シリヤケなんとか釣れました。
去年はダメだったので実に久しぶりです。
まぁシリヤケの場合、通えばなんとかなるかな、という感じはします。
ほとんど確率の釣りなもので・・・・
でも魚影は薄いですね。

さて、館山&内房、どうだったかな???

お疲れ様でした!

いや~、シリヤケやりましたね~!
おめでとうございます(拍手)
最後に結果が出て、これは嬉しいですね。
疲れも吹っ飛びますね。

バタバタって釣れてプイって釣れなくなるシリヤケパターンですか?
もうそろそろシリヤケも終焉のようですが、来年は大祭り期待したいですね(笑)

Re: お疲れ様でした!

シーバカさん>こんばんわ!
まぁ尻ヤケは最後の保険なわけです。

最後の切り札なので釣れないとシャレにならないんです。
でもこの時点で勝負は自分の負けなんですよ。
やっぱアオリです。

アオリに勝るものなしですよ。