仙台ソルトルアー 11月30日 横浦港

さて11月30日の午後にうたたねしてしまい・・・・目が覚めたのは16時頃だった。

どうしようか迷いながらも準備に入る。


18時頃出発。

予報では南西の風、強風。本当は行くべきではないし行っても釣れないんだろうな。

20時すぎに女川の横浦港に到着。
干潮が20時12分なので、ド干潮のタイミング。
21時まで車の中でウダウダやっていて堤防へ立つ。
港内ではメバリングのルアーマンが数名。
堤防の上は激風。おおよそ7m位か。
とてもじゃないが釣れる雰囲気ではない。

寒いは寒いが、今回は防寒をガッチリ固めてきた。
100円懐炉に先日調達した金属カイロ。手袋も防寒のもの。
風は強かったが寒さは全く問題ではなかった。
防寒はうまくいったようだ。


一方、釣りのほうはどうか。
相変わらず、ワームの先っぽをかじられている感触があるがフッキングしない。
堤防の上には先行者は誰もいなかったので、少しずつ移動しながら満遍なくキャスト。
テキサスリグにダウンショットリグで投げまくるが全然当たりなし。


先端まで行ってキャストしたら例によってカジカジやられている感触がきた。
十分にカジらせて・・・・合わせたらなんとフッキングした。

魚の感触十分。

キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!

というほどの重量感はないのだが・・・・・

ん?なんかおかしい。
魚の感触は確かだが、妙に軽い。

フックがドデカイので小魚ではないと思うが・・・・
やがて水面に出てきた魚は見覚えある妙に細長いアイツだった。

2013113001.jpg

アナゴちゃんでした。
千葉の海ではけっこう釣れたが、ワームとはいえルアーでは初。
しかも50センチ位のけっこう太いアナゴ。
きっと食べたらウマいんだろうなぁ、と思いつつ・・・・・・写真とってリリース。
あ~あのカジカジはアナゴだったのか。



風はますます強くなりPEは横方向にすっ飛んでしまう。
やっぱ今夜はダメだわ。

と、23時には心折れて撤収。


01時には家に帰ってきました。



反省>
強風はわかっていたことですが、南西の場合とか北風の場合とかで風裏や風を背負えるところが全然わからないのはけっこう辛い。
まだまだ「通い」が足らないということだろう。
寒さについては防寒がうまくいって克服できる自信が持てた。
ただ金属カイロは1つはうまく温まったが、もう1つが全然暖まらず使い方が難しいなぁと感じる。
さてルアーではなく青イソメとかのエサで釣るんなら、なんとなくけっこう釣れるんじゃないかな、とも思える。

が、基本的には自分はルアーマンだし、食べるための釣りではないので無理にエサ使って釣れなくてもいいかな、とも思っている。
それにしても「食べない釣り」「リリースの釣り」はかなりモチベーションが下がる。
釣果に拘りが無くなってきているのを感じる。
1匹釣れたら「もういいや、」となっている自分がいる。
生ゴミが出るので持ち帰りはしたくないのだが、そろそろ食べる釣りをやるかな・・・・




デハデハ

 ↓ ポチッと一発!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへにほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ

コメント

非公開コメント

おつかれさまです!
お!ワームでアナゴ釣れるんですね!
1匹でも釣れたらいいじゃないですか(^^)
リリースの釣り。。。普段の僕はそれですね笑
釣果重視に釣りです!
なぜ持ち帰らないかと言うと、彼女もいない独り身なので笑
まぁたまに釣れた大物なら持ちかえりますが。。。
キャッチ&イートの人にはたしかにモチベーション下がるかもですね汗
あとリンクに追加していただきありがとうございました!
自分もお気に入りに追加させてもらいました。これからもよろしくおねがいします!

Re: タイトルなし

めーちゃん>こんばんわ!
アナゴはビックリでした。想定していませんでしたので。
でも本来、仙台エリアの釣りというと、カレイにアナゴなんです。
そういう意味では、ありえる話でした。
アナゴ、ウマいんですよねぇ。
実家にいたら当然持ち帰りなんですが、
ちょっと単身赴任の身では生ゴミが・・・・・