完成 カーオーディオのカスタマイズ サブウーファー設置編

さて、タブレットでナビから始まったカーオーディオ関連のカスタマイズですが、
今回、一応の完成に至りました。


最後は当然これ。

知っている人は知っているが知らない人には「なにそれ?」と、いうもの。


「ウーファー」設置。

2014022401.jpg

まぁいわゆる低音を利かすスピーカーです。
これを設置すると劇的に低音が効き、音質と音圧の改善に効果がある・・・・・・・・ハズ。


と、いうことで仕事が終わり会社の作業場で夜に1人設置作業を開始する。


ウーファー設置で一番難しいのは電源配線の取り回し。
普通は車のバッテリーに直接電源の配線を結束する。
これを「バッ直」と言う。
バッテリーはフロントボンネットを開けた所にあるが、そこのプラス極に接続し配線を室内に引き込まなければならない。
しかし、エンジンルームからキャビンに配線を引き込む方法が全くわからない。
インターネット等で調べてもよく解らない。
自分の車の部品を色々外してもそれらしい引き込み口は見当たらない。
当然グローブBOXも外しましたがダメでした。

さて、製品のマニュアルを見ると車のヒューズボックスから取り組むようになっている。
じゃ車のヒューズボックスはどうなのかというと・・・・

2014022402.jpg

製品付属の電源配線にはギボシ端子が付いている。
いったいその巨大なギボシ端子をこのヒューズボックスのどこにつけるんじゃい????
と、思いながらマニュアルに記載のヒューズボックからの接続は諦めざるを得なかった。
やっぱセオリーどおりにバッ直しかないのか・・・・

更にタブレットでインターネットに繋いで調べること30分。既に作業開始から60分位かかっている。
全然進んでいない。


事態を打開するためにヘッドユニットのマニュアルを見ていると・・・・・・
「あれ?」・・・・ヘッドユニットにバッテリー線がある。ならば、


ヘッドユニットにバッテリー線のギボシ端子がありました。
まぁ同じケンウッドですから配線はちゃんと用意されていたんですね。
これで電源(+極)の問題は解決。
一方アース線はなんと短すぎてこのヘッドユニットまで届かない。・・・・・嘘だろう?
普通ウーファーはリアシート付近に設置するので、その周辺でアースをとれ、ということだろう。


ま、なんとかフロントシートの固定ボルトから取ることができました。
この製品の場合、フロントシートの下への設置とかを想定されているので薄型なのですが、製品そのものがスタイリッシュなので、リアシートの上に取り敢えず設置しました。

2014022403.jpg

そして配線の目隠し処理をして設置は完了です。

結局また22時過ぎまでかかってしまいました。



さて、肝心の音はどうなったのか・・・・・
ブログでは伝えきれないのが残念ですが、確実に低音はズンズン効きます。
特にヘビーメタルの曲をボリュームアップして聞くと最高です。
このときは車のドアを締め切っていてもズンズンと響く音が外にまで漏れます。


最後にウーファーコントロールのリモコンを設置して完成。

2014022404.jpg

う~ん・・・・・こうして見ると相当ゴチャゴチャしています。
でもまぁ自己満足の世界なのでいいでしょう。
当面、この状態でドライブすることにします。





なおいくら低音を利かしても・・・・・・・エビ中の曲はあまり変わりませんね。
ヴァンヘイレンとかですと、ド迫力になりますが・・・・






デハデハ

 ↓ ポチッと一発!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへにほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ



コメント

非公開コメント