仙台ラーメン 和一 & 心温

さてGWに入る前に1件、ラーメン調査をおこなったので記録しておく。
仙石線の中野栄駅からアウトレット方面に歩くと10分程で出てくる。
前からそこに店があることは知っていたが、入るのは今回始めて。

和一

20140429001.jpg
喜多方ラーメンの店。

何を注文するか、とカウンター席にあるメニューからチャーシューメンを注文。
注文後、気づいたが、カウンターには他にもメニューチラシがあったり、店内のPOPでカウンターには書いていないメニューがあったりする。
これって、すっげ~~~不親切。

じゃ全部のメニューが一堂に見れるメニュー表は無いの????と思う。
なんか「じとじとラーメン」なんて、言葉からイメージしずらいのもあるし・・・・イメージできないんなら写真があるといいのだが・・・・
こういう部分が客に優しくないと思う。


この段階でもうリピートは無いと思っている。


やがてチャーシューメンがくる。

20140429002.jpg

チャーシューはバラ肉チャーシューで他にネギとナルトがあるだけ。
スープはあっさり醤油味。

最初のイメージが悪いので味の論評はする気もない。
普通に食べられる。
だが近所には他に喜多方系のラーメン屋は無いので貴重かもしれない。


次。


GW最終日。ツイッターでバンバンとメッセが入ってくるラーメン屋に行ってきた。
らー神 心温(ここあ)

仙台大観音様の裏手にある。
こう書いても関東に方々には全然わかんないだろうなぁ・・・・
仙台には妙に巨大な観音様があるんです。その高さは50m以上の大きさなんじゃなかろうか・・・
ということで心温である。

2014050601.jpg

カウンター席とテーブル席があり、雰囲気はファミリーラーメン屋の感覚。テーブル席の客もファミリーが2組。
入口に食券の販売機。
食券の販売機を見る限り、中心は「塩ラーメン」の模様。

ここも限定ラーメンがあったので今回はそれを注文。

葉わさび鶏中華(限定ラーメン) と 大きな唐揚げ

2014050602.jpg

写真はないが、「大きな唐揚げ」について書くと・・・・
確かに元は大きかったのだろうが、「一口大に切りますかぁ?」と聞かれたので「はい」と答えたら、
普通の小さな唐揚げが4つになった。(←当たり前)
唐揚げは皮の部分がウマいのだろうが、ほとんどが肉の部分で多少パサついてはいたが、肉の部分にしては充分に味が染みて非常にうまかった。

さて「葉わさび鶏中華」ですが・・・・
具が非常にバラエティにとんでいる。
葉わさび、海苔、ネギ、メンマ、天かす(揚げ玉)、鶏肉、そして「うずら」の味玉
スープはあっさりと薄い醤油味。多分鶏ガラなんだろうなぁ。
麺は中太麺の平打ちで縮れ麺。ちょっと変わっていますね。普通、こういう麺は無いもんね。

さて食してみると、普通ラーメンには天かすは無いよね。でもこの天かすがコッテリ感を演出している。
一方で葉わさびは全く辛くなく噛むと口の中に独特の香りが広がりアッサリ感が満喫。
これは面白い。天かすと葉わさびのコンビは確かに「有り」ですね。

今回は限定ラーメンに引っかかってしまったので次回は塩ないしは醤油を食べたい。
と、いうことでリピート確定!となります。

ただ・・・・・・この店、遠いんだよなぁ。自宅から12kmも離れている。
前回の「ゆきむら亭」のすぐ近くなのだが・・・・

遠いよなぁ。でもまぁ機会がありましたらまた行きます。



デハデハ

 ↓ ポチッと一発!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへにほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ

コメント

非公開コメント