ヨソ者の感覚

12日の土曜日AM4時半頃か・・・・・
すぐ隣でエサ釣りしていた爺さんがアイナメを釣り上げた直後、「地震か?」と話しかけられた。


ん?・・・・・・・・・あ、地震だ。
足元が揺れている。けっこう大きい。震度は・・・・3~4位かな、という感じ。



モアザンを試す事もしたかったが、仙台港にカタクチイワシが入り、サバやイカが釣れている、という情報が入っていた。
思いっきりブン投げて、巻いて巻いてガツン!というライトショアジギングをやりたい。

房総の海では既に今の時期、日常の風景だろうが、ここ仙台ではそういう釣りは、あまり「出来る」と思っていなかった。
それだけに「食べない」とは言え、サバが釣れているという情報は魅力なのだ。



Am3時半。まだ夜明け前、仙台新港 高松堤防?へ向かう。
前日までの台風8号の影響はたぶん皆無と言っていいだろう。
7月最大級なんて言われていたが実際には全然雨も風もたいしたことなかったのは良かった。

だからこそ、その台風明けの晴れた翌日の朝マズメには少し期待していた。
高松堤防は半年前とは全く異なる姿。
細い突堤は柵で閉鎖され大規模な工事がされていた。全く入ることができない。


仕方ないので、すぐ近くの岸壁「高松埠頭」でキャスト開始。

2014071201.jpg
付近にはエサ釣りの人など釣り人が5~6名いる。


色々ルアーを投げるが反応はない。
やがてまだ暗い4時すぎ頃、海がザワつく。
雨かと思うような何百の波紋。おそらくイワシが回ってきたのだ。
だがサバはこない。

そうしているうちにイワシは去っていた。

そんな中、冒頭のセリフである。
地震だ。
すぐに埠頭付近の工業地帯から放送が流れる。
「津波注意報が発令されました。海から離れてください・・・・・・」

あれ?と思ったら隣の釣り師を含め、埠頭に数名いた釣り人は全員いなくなっていた。
残っているのは自分だけ。

だが遥か彼方の海面を見ても海面が高くなっている様子はない。
まぁ大丈夫かな、と思っていた訳だが、そんな中プルンとHIT。

2014071202.jpg

たぶん20センチ位のサバ。
一応、狙い(本命)のターゲットはGETしたのだが・・・・・小さすぎだろう。


そうしているうちに、付近が賑やかになる。
市役所か消防の車が警報を鳴らしながらパトロールしている。

当然、パトロールの方から「避難してくださ~い」と言われてしまったので・・・・


素直に「は~い」と撤収。
付近で津波注意報解除になるまで待つかなぁ、とも思ったがAM6時現在、まだ解除になっていない。
TVのニュースでは津波の高さは20センチだそうだ。



ま、しばらくは注意報は解除にならないし・・・・・・帰ってきて正解か・・・・





デハデハ

 ↓ ポチッと一発!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへにほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ

コメント

非公開コメント