3月1日それは解禁日 荒雄川C&R区間



3月1日である。
春である。
このブログのサブタイトルにあるとおり「春まで釣りはお休み」だったのだが、
春になったので「お休み」は解禁なのだ。

そして宮城県は東北である。
東北というのは雪国なのである。
今日は・・・・・・それを思い知らされた。



前日の2月28日、キャス泉店にて3.5gのスプーンとかミノーを調達。
天気を調べたら雨は昼頃から、風はまぁ大丈夫かな、という感じだった。
AM4時過ぎ、自宅を出発。
鳴子温泉郷の先、鬼首の荒雄川C&R区間を目指す。

日の出はほぼ6時丁度。到着もそれくらい。
途中の山のふもとのセブンで食糧と遊漁券を購入。今回は年間券を買った。



さて、車で山を登っていくが・・・・雪がスゴい。まぁ当然か・・・・まだ3月だし。
とりあえず最初は橋のところから始める。

雪はこんな感じ。

2015030104.jpg
↑ほぼ積雪1m。

この橋の所は通常は車で下まで降りるのだが、通路は雪が積み上げられていて車では降りられない。
下に降りるには徒歩なのだが、断崖絶壁の所を滑るように降りる。
雪があるから、安全に降りられるのだが、フと思う。
帰りはどうしようか・・・・・

2015030101.jpg

2015030102.jpg

おそらくこの水系で一番水深がある所かと思うが、全然反応はない。
何投げても無反応。

他の釣り人もいてその方にも聞いたが全然反応がないそうだ。
とにかく魚がいない。

この橋の付近で1時間ほど投げるが、ダメなので移動を決意。
先ほどの滑り降りた断崖絶壁を登るが、ズボッと足がハマり登るのはほぼ不可能。
本来車道があったところを、ソロソロと進みなんとかここを脱出。
ここから先、行く所は全て雪が1m程積もっていて歩くのが非常に困難。
ほとんど雪の上を進むことができるのだが、時々足がハマる。
もうアスレチックをやっているがごとく体力を消耗する。
まだ川の中をウェーディングで進むほうが安全に行ける。
雪上の行軍はとにかく危険なのだ。



さて・・・・最下流の橋の所から、一旦A区間最上流へ行き、そこから川を下っていったが、まぁ水量が少ない。
ほとんどの場所で水深が50センチも無い所ばかり。

これはもう少し暖かくなり雪解け水による増水がないと魚も付かないようだな、と感じる。
それに、自分のお気に入りのポイントは雪かきの雪が大量に積み上がり駐車もできないし、その場所へ行くこともできない。

ちょっと来るのが早かったようだな。

だいたい解禁日は激釣れか全然かのどっちかと思っていたが、どうやらハズれのようだった。

2015030103.jpg

まぁ雰囲気は良いんですけどねぇ。

最終的にはまた下流の橋の所まで戻ってはきたが、同じように戻ってきたルアーマン数名に話を聞くと、どうやら皆釣れないようだった。
一部、フライマンが小さい何かを釣った目撃談があるのみ。


ダメだわ・・・・・AM8時半、あきらめて帰ります。





帰りに寄り道。・・・・・・・道の駅

2015030105.jpg
1000円食べ放題のカレー屋があるのだが・・・・・・まだ開店していないや。

2015030106.jpg

漬物とか色々買って撤収。


反省>
まぁ釣れませんわ。今回自分は魚をまったく見ることもできなかった。
ウェーディングだからチェイスがあればそれは見えるのだが、それも無し。

そして思った以上に雪が深く、思い通りの場所に行くことすらできない。
7時過ぎには冷たい雪がバンバン降ってきたし・・・・

そして解禁日ということもありルアーマンは流石に多かった。
ここでは初めてこんなに大勢が、というくらいの10数名がフィールドにいた感じで最早車を止める場所も無い位でした。
ま、路駐すれば・・・・・・というのもアリではありますが、路肩にまで雪が大量に積もっていて路駐もできない状態です。


まだ1か月・・・・・・は、早い。そんな感じでした。

次回は4月以降でしょうねぇ。






デハデハ


 ↓ ポチッと一発!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへにほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ

コメント

非公開コメント

お疲れ様です
恐るべし渓流解禁日ですな
暖かくなると今度は雪どけ水の影響が出ますからね

Re: タイトルなし

UMAさん>こんにちわ!
いや~まいりました。全然釣れませんわ。
せめて魚を見たかったですね。
とにかく雪が行く手を阻み、全然釣りになりません。
積雪1mの行軍は自分は初めてなので、マジ命の危険を感じる部分もありました。
雪があるので降りるのは滑ればいいので、けっこう簡単なのですが登るのはほぼ不可能という所が沢山あります。
皆さん、怪我とかしないといいけどなぁ。
かなり危ないですね。