第1部 狙いは七ケ宿ダムでサクラマス・・・・・だが・・・・



さて先週の3月1日、どこも解禁日だったのだ。だから鬼首まで行って玉砕ではあったが・・・・後悔はなかった。
この日のネタとしては、どうやら他の河川、湖でサクラマスがいたる所で釣れていたようだった。
そっか・・・・・そっちが当たりだったのか・・・・
と、いう実に安直な考えから今回は七ケ宿ダムへ行ってみることにする。

実は七ケ宿ダムが先に予定されていたわけではない。
第2部の記事に書く内容が先にあり、そのルート上にある、ということで七ケ宿ダムに行くことにした。


つまり、「ついで」なのだ。


AM3時起床。
前回、結局釣れないんだから買う必要もなかったメジャーをコンビニで探したのだが、どこにも売ってはいなかった。
だから今回はドンキへ行く。
ドンキ仙台南店がAM5時までやっていて、七ケ宿へ行く途中、ここへ寄りメジャーを買った。400円ほどだった。
ん?????

どうやら高速へ乗るインターを過ぎてしまったようだった。
まぁいい、そのうちインターは出てくるだろう、と思っていたら結局インターは出てこなくて七ケ宿までオール下道で走ってしまった。

約85km。それでもAM5時半には現地についた。
まだ日の出前だがルアーマンはけっこういる。
道の駅「七ケ宿」の駐車場に皆車を止めているので自分もそれに倣う。
ポイントも全然わからない初の釣り場なので先行のルアーマンについていく。
3~4名、みんな同じ方向へ歩いているので自分もついていく。
AM6時、どうやら堰の下がポイントのようだ。

2015030805.jpg
↑これが堰。

2015030801.jpg

さっそくその堰の下のリバーらしき所で投げ始める。
2人のルアーマンもいる。多分、人気の実績場所なのだろう。

川の中心は水深約2m位か・・・・・スプーンで丁寧に探るがケもなし。

2015030802.jpg

投げながら下流に移動する。
ウェーダーを履いているので水中にも入る。

2015030803.jpg


2015030804.jpg


あの~~~全然反応無いんですけど。
スプーンも7g~21gまで使いボトムから表層まで、さらにはミノーも出して手前から中心部の深いところまで・・・
岬の突端の深い所は4m位の水深だったが、かなりくまなく攻めましたがまったくの無反応。


そして周りのルアーマンの釣った様子は無かった。
う~ん・・・・なんか条件が合っていないのかなぁ。
水温が低いとか無いだろうし、まぁ水流はほとんど無いんだけどねぇ。

ちょっと濁っていたかなぁ。
でも岬のさらに下流は水色も綺麗だったし・・・・

2~3名のルアーマンにも声かけましたがやはりダメな様子。



ま、仕方ないか・・・・・
歩きながら色々な所でキャストしましたが9時にギブアップ。
第2部があるので、これで引き揚げました。



反省>
何もなし。
何か手がかりとかヒントとかがないと全然わからない。
マジで魚いるの?という雰囲気でした。
でも多分釣る人は釣るんだろうなぁ。
日曜日だったのでスレていたのかなぁ。
次回は土曜日の朝に来るか・・・・・


なお、他のルアーマンを見ると使っているスプーンは18~21g位の感じ。
今回自分が用意したタックルは
エメラルダスST-86
セルテート2506ハイギヤ
PE0.3号

ちょっと遠投には不向きだったかな。
21gでPE0.3号は心理的によろしくない。
次回はサーフ用のモアザン109を出すか・・・・


ま、トラウトロッド、という考えは全くない。
持っていないし・・・・

所詮はボウズ、そんなところです。
次回また頑張ります。
止水の釣りは難しいんだよねぇ。







第2部は釣りではありません。
全然違うネタです。


記事アップは明日の夜・・・・・・・かな、




デハデハ


 ↓ ポチッと一発!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへにほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ

コメント

非公開コメント

お疲れ様です
今時期はもうちょい水深ある本湖よりが優勢らしいです
理由は水温よりワカサギです
橋の上から垂らしてワカサギ釣る人いるうちは本湖の岬周りらしいですよ
で、水温7℃くらいになったワカサギが産卵意識して流れ込みによりはじまったら、ワンドの奥の流れ込み周辺みたいです
ポイントは公園ほか元道の駅の崖の下とか下って入ってる人昨年はいますね
二年通ってボーズの自分ですが、今年はサクラはお休みします、都合でw

Re: タイトルなし

UMAさん>こんばんわ!

そういえば、橋の上から明らかにワカサギ釣りしている人いましたね。
なるほど、その近辺で狙うのはアリなのでしょう。

でもまぁ次週は行くかなぁ?
またどっか初場所へ冒険しにいっているかもしれません。

釣れないトラウトを求めて・・・・・