カウントダウンモード 荒雄川C&R区間



さて、前回から何の進捗もありませんが・・・・
よくよく考えると、8月は夏休みがある。そして月末は引っ越しもあるだろう。
よって週末は数えるほどしか機会が無いのだ。
そう思い、イケるところは逝っておこう!と思うのだが、あいにく7月は天候も悪く台風がきていたりで
全然釣りにイケていない。いや、行っていることは逝っているのだが、全然釣れない。
河北ネタにもあった七ヶ浜でのショゴも狙ったのだが全然HITしない。チェイスが1回見れただけ。
夕方~夜のアジングも全くの空振り。

いいとこなし!


だが・・・・・そうも言っていられない。時間は確実に過ぎていく。


と、いうことで宮城ファイナルカウントダウン釣行ということで今回は鬼首の荒雄川C&R区間に行ってみた。
土曜日は休出だったので日曜日の朝AM2時に起床。2時半には出発した。
現地着は4時。まだ真っ暗。日の出は4時半なので少し体操でもして時間をつぶす。

2015072601.jpg
当然のように、いつの場所から入る。ここがこの界隈では一番深く魚影が濃いハズ。
だから日の出前から来て最初にポイントに入るのだ。

さてこの場所、水量は十分、深さも十分。
色々ルアーを投げるが・・・・・

ミノーにて1回チェイスを確認しただけ。
岸沿いの草むらの下にレインボーが隠れていて、近くをウェーディングで歩くと魚が飛び出していく。
まぁわかっちゃいるが、仕方ない。そこを行かないとキャストができない。
そして当然岸沿いはピンポイントで狙ってはいるが喰いついてはこない。

フと気づく。ベイトがウジャウジャ。この川でこんなに小魚がいるのは初めて見た。
スプーンを投げるとスレで引っかかるくらいいる。
この小魚、なんだかわからないが・・・・・・これほどの数がいるとチョット厳しいかも。
エサがありあまっているじゃん。

でもまぁレインボーがいくらかいることは確認できたので場所を休ませてまた後で来るか・・・・・
と、移動したのだがこれは失敗だった。

車に戻ると、いつのまにか他にも3台停まっていた。そして行くとこ行くとこ車だらけ。釣り人だらけ。
ほとんどの有望ポイントには先行者が入っていて自分が入ることが出来ない。
そして先ほどの場所に戻ることもできなくなってしまった。
すっげールアーマン多い。

仕方ないので、人が居ない所を回るが・・・・

2015072602.jpg

2015072603.jpg

まぁやっぱ全然ダメじゃん。

AM8時には既に諦めモード。夏の荒雄川って釣れない割には混んでいるのね。
まだ春の方が良かったわ。


仕方ない、引き揚げるか・・・・・



と、いうことで撤収。

途中、前回見つけた湖(荒雄湖)の湖畔へアクセスできるところに行ってみた。

2015072604.jpg

あちゃ~~~水量が少ない。湖面がはるか向こう側になっている。春は手前の柵まで水があったのに。

だが考えを切り替え・・・・チョット行ってみよう!深い所があればイケるかも・・・・と思い。



湖というよりただの川ですが・・・・・ほとんどが水深50センチ。
奥の方に淀みがありそこは水の色が暗く深い感じ。

そこをピンポイントで通すと・・・・・


ゴン!とHIT!!!



キタキタキタ━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━ ッ !!!



2015072606.jpg

いよっしぁぁぁっ!!!


2015072605.jpg

2015072607.jpg

モーリス ヴィオレンテ アジングマスター VLSL-66AM-FS
シマノ;ソアレCI4 C2000PGS
ライン   フロロ 2.5lb
リーダー フロロ1号
スプーン 3.5g アカキン
レインボートラウト 43センチ


魚体が細い。ちょっと元気も無い。
エサ不足かな・・・・この淀みにはベイトいなかったし・・・・周りは浅すぎて閉じ込められていた状態のようだったし。


ま、とりあえずなんとか1匹GETできました。

2015072608.jpg

この奥の色が濃くなっている深場です。

諦めていたところでの最後の1発!大逆転ですわ。

これで大満足。良い気分で撤収しました。


帰りには岩出山で「酒まんじゅう」調達

2015072609.jpg


10時頃にはアパートに戻っていました。


反省>
さて、8月末に東京へ戻ってしまえば、おそらくもう二度と鬼首に来ることは無いでしょう。
そういう意味では、最後にレインボーを見れたことは感動的でした。

でも機会があれば・・・・もう1度・・・・・そう思いたい。



さて次は・・・・・牡鹿半島ですかね。
横浦港で夜明けにメタルジグでも投げますかな・・・・・






デハデハ



 ↓ ポチッと一発!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへにほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ

コメント

非公開コメント