ルアー調達に対する考え方









皆さん、こんばんわ!


最近、ルアー買っていますか?
まぁメタルジグは釣りに行ったときに予備品として現地で先日買いましたが、その前になるといつのことやら。

前回洲崎で釣った獲物も拾ったメタルジグですし・・・・
ルアーに対する拘りはほとんどありません。
まともに買ったのは正月の福袋まで遡るかな。


で、今回、久しぶりにルアーを買う。

2016050601.jpg

いわゆるメイドインチャイナのチャイナブランドのルアー(TDR/シーバスフィッシングのショップです)

シンペンを3個、バイブレーションを2個。まぁ1個500円平均なので、あまり安くはないか。



ルアーフィッシングを語るとき、自分なりの拘りを持つとルアーも本物でなければならないと思う。
本物には本物にしかない良さと満足感がある。

それを分かったうえでバッタ物を調達する。

シーバスに関しては今の所、使うルアーに全然拘りがない。結果として釣れれば、楽しめれば良い。
そしてシーバスルアーって理不尽な位、高価である。
ちなみに、以前「釣りがうまい人」について書いたが、結論は「魚がいる前に自分の身を置く」であった。
ルアーの選択なんて2の次、3の次なのだ。(←あくまで私の考えですけどね)


もっとも釣れるようになると、そこに拘りも生まれ、「このルアーで釣りたい」となるものなのだろう。
ちなみにエギに関してはそういう買い方は絶対にしない。自分は、あくまでアオリQ-RSで釣るのだ。そういう拘りがある。
たぶんイカはそこそこ釣れるようになったからなのだと思う。


自分にとってシーバスはまだまだそういう段階ではないのだ。

日本の中でも屈指のフィールドである旧江戸川が目の前にあり、セイゴ、フッコがウジャジャいる運河があるにもかかわらず私はシーバスは全然釣れない。

色々な情報を総合するとシーバスは確実に理論通りの釣りのようだから、釣れる時に釣れる場所で釣れるルアーを適切に通すと確実に釣れる。(←そりゃそうだろう)

それが面白いらしい。いわゆる「再現性のある釣り」だ。

自分の釣りは何をやっても全然再現性が無い。ギャンブル性の高い釣りだ。
だから確率論的には分母を上げる事で釣れる数を稼ぐしかないと感じている。

ま、家族持ちの身としては魚に合わせた時間に出撃できない、というのもあるんですけどね。


さて、6日の金曜日夜は雨だ。この日はもう出撃はない。
明日、7日夜に行くか・・・・・・



青物を狙うか、近所のシーバスを狙うか


どっちにしようかな?




デハデハ



 ↓ ポチッと一発!
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村



コメント

非公開コメント

ご無沙汰しておりまーす

やはりシーバス克服ですかね(笑)

頑張ってください

私は船で結構痛い目をみています・・・・(笑)

確かにルアーは高いです!
しかし値段であきらめてから、あれ使っていたら釣れただろうかということもしばしば…
まだソルト始めたての自分はこれからどんなこだわりができていくのか…楽しみと同時に財布の心配(笑)

Re: タイトルなし

???さん>こんばんわ!
お久しぶりですって名無しさんではわかりませんね。
いやーシーバスは釣れませんわ。

今回も近所を徘徊しましたが・・・全然HITなし。

まぁ釣れませんわ。

Re: タイトルなし

釣極楽とんぼ さん>こんばんわ!

まぁブランド品のルアーはやはりそれなりのスペックを持っていますので、いくつかは持っておくべきでしょうね。
最近のルアーは平気で2000円以上なので、すでに私が買える範囲を超えています。

今自分が求めているのは、安いルアーでいかに釣るか、です。