自宅PCのSSD化、いろいろ






 

皆さん、こんばんわ

自分の趣味は釣りだけではない。
自作PCも自分の趣味の一つであり、現在は自作PCが2台、ノートが1台ある。
既に自分用のデスクトップ(タワー)はSSDにしているが120Gの容量なので、実は容量的には極めて厳しい。
またノートはHDDの為、起動が極めて遅かったのだがホッタらかしにしていた。
(通常、PCの保存媒体はHDD(ハードディスク)と呼ばれるものに入っているのですが、最近ではSSD(ソリッドステートドライブ)と呼ばれるHDDと同じ大きさの器に、メモリーが入っていてHDDの代替としてデータ保存できるものが流行しています。特徴としては、SSDはHDDと比較して、容量当たりの単価が高いがゆえにSSD1個当たりの容量は少なく抑えられています。だいたい8000円でHDDの場合は2~3テラの容量が買えますが、SSDですと240G程度のサイズしかありません。その分、データの読み込み、書き込み速度が極めて速い、という特徴があります。




2017年1月になり、秋葉原も正月セールをどこでもやっており、このSSDも随分安くなっていたのがわかっていた。
先着5名とかのSSDは、流石に買うことは出来ないが、多人数向けの安売りセール品は案外売れ残っている。


そしてNETで秋葉原各店のWEBを見て価格相場を見ると、正月用限定販売品が無くなった通常価格品はけっこうな値段がすることもわかった。
そんな中、やっぱ秋葉原に行かないとわからんよなぁ、と思い5日の会社帰りに自作PCパーツ屋街を少々歩く。

まぁアタリはつけていたのだが、ベイモアに240GのサムスンSSDが6000円弱で販売していていた。
通常価格は、この容量だとだいたい7500~8000円位する。
欲しかったのは240Gが1個と120Gが1個だったのだが・・・・
120Gが4200円とかするので、240Gとの価格差を考えると、240Gを2個買う方がお得感が高い。


で、240Gを2個買ってしまった訳です。

2017010501.jpg

中古屋も見てみたが、容量が同じ物で中古の方が高いという現象も見れた。
(輸入品で価格変動が大きいので、円相場的に高い時期の製品が中古市場に流れると、そういう現象が多発する)



さて・・・・・・・・・・・・・
まずは相方のノートPCのHDDを、このSSDに換装する。
SSDはUSBでノートPCと接続し、フリーツールを使ってHDDのクローンをSSDで作る。
クローンが出来上がったらノートPCのHDDを外してSSDに入れ替えて起動確認。



幸いなことに1発で起動成功。(←かなりラッキーである)
このノートPCの起動速度はHDDの頃は数分かかっていたが、20秒程度で使える状態に起動できるようになった。
ま、この速度が魅力なんですけどね。



次はデスクトップの「容量の小さいSSD(120G)」から「240GのSSD」への換装。
ところが・・・・・・


いくらクローン作製しても書き込みエラーで新しいSSDに移行できない。



とどのつまりは・・・・・・

2017010502.jpg

クリーンインストールかよ・・・・・

あまりにセットアップが面倒なので240GのSSDにはOSだけ入れて、とりあえずOSのドライブは元の120GのSSDに戻しましたけどね。
そうしているうちに数回再起動を繰り返していたら・・・・・
当然プライベートIPが変わっちゃってね。
相方のタブレットからLANで接続できなくなっちゃった。
(タブレットにはデスクトップPCのフォルダのショートカットを貼り付けておいたのですが、普通の感覚だとプライベートIPが変わってもショートカットは開くんじゃないかな、と思っていましたが、アンドロイドですのでダメなようでした。仕方ないのでデスクトップ側のプライベートIPを固定し、とりあえずはなんとかして・・・・・・)



う~ん、この世界は自分には難しいなぁ、と深夜にしみじみと思うのでした。


明日は240GのSSDにドライブを変更してセットアップを行います。
当然、既存の120GのSSDが余るので・・・・・







会社のPCに入れちゃおうか!?なんて目論んでいるんですけどね。





デハデハ



 ↓ ポチッと一発!
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村



コメント

非公開コメント