サッカー大会 5月10日

さて、5月10日は、まこちゃんサッカー大会出場でした。

前日9日・・・・私は仕事だったのですが・・・なんとチームが勝ちあがり決勝リーグだったのです。


場所は葛西臨海球技場。


決戦のときだったのですが・・・・


第1試合;0-0
第2試合;0-1
第3試合;0-0(PK負け)

あらら・・・・勝ちが無い。


それでも子供たちは皆、はしゃいでいます。

mao

まぁいいでしょう。

結果はそれでも6位!
なんと表彰状までもらっています。



よかったねぇ。



ま、大変だったのは嫁さんの方のようです。
皆の交通手段の心配から、コーチの昼食、飲料とか・・・・・・・・


私なんかはチームに月謝を払っているのに、なぜ親がそんなことを心配しなければならないのか非常に疑問。

普通、試合があるときはチーム全体で移動するものだろう。
そのためにチームがバスをチャーターしたりするものだろう。
そのため引率はコーチが行うべきだろう。
少年スポーツチームで選手個人がバラバラに試合会場へ集合するなんて私は聞いたことが無い。


なんでもコーチの昼食やドリンクも用意しておかなければならないらしい。(経費扱い)
飲食は個人の好みがあるからねぇ。これは難しい。


ま、私には直接は関係ないですけどね・・・・・・


たぶん月謝が安いから貧乏チームなんだろうな。
毎週土日やって月2000円くらいみたいだから、これは安い。
もっと高くしてもいいと思うが、高くしたらまた皆ブーブーだからね。


価格設定は実に難しいものだ。



なにはともあれ、関係者のみなさん・・・・・お疲れ様でした。







試合を見ると・・・・・ふと思う。

チームの方針か、わからんが・・・・・高学年になるまでパスは教えないらしい。
その影響かどうかわからんが・・・・

自軍のゴール前にボールがきて・・・・・大ピンチ!というときに・・・・
皆がドリブルで逃げようとする。

これにはビックリした。

ふつう、クリアーするだろう。
誰もクリアーしない。
(クリアー;大きく蹴って自軍ゴールからボールを離すこと)

相手チームもそうなのかな?と思ったら、案外相手チームはクリアーしている。


おいおい・・・・


いつになったらパスを教えるのかはわからんが・・・・・
しばらくは厳しい戦いが続くのだろうな・・・と痛感。


・・・と私自身は負け試合しか見たことないから、そう思うのだろうな。
勝った試合をみたら考えも違うのだろう。


気がかりなのは子供たちに悲壮感が感じられないこと。
負けたら「悔しい!」という気持ちは持ってほしい。




まだ小学2年生ではそういう感覚は無いのかな・・・・・・・


コメント

非公開コメント