3度目)「焼き豚」チャーシューを作る


 




 

皆さん、こんばんわ

夏休みです。9連休です。
まだ連休のド真ん中です。
釣りに行きたいのですが、朝焼けが期待できる天気ではない。
朝は毎日曇り空。
ショアジギンガー的には、期待できないので全然行く気もありません。
週末までずっとこんな天気らしいので、多分9連休なのに行かないでしょう。
いや、1回位、ショアジギングではなく福浦へ太刀魚&朝のサバ狙いで行くかな。

で。。。。。。。。。。。。。。。

ストックの煮豚が無くなって来たので、またまた自分で作ろう!!!となります。
で、、、やっぱ昼の11時半頃、「肉のハナマサ」へ
今回はいつもの100gで98円の豚バラブロックが無かった。
100g88円のと100g108円のブロックを1.5kg調達。早速仕込みに入る。

2018081101_20180814104458654.jpg
 ↑ タコ糸で縛ります。型崩れを防ぐため。
小さい方の肉は肩ロース肉
赤身が多く脂身が少ない。これが吉と出るか凶と出るか。。。。

焼豚なのでフライパンで表面に焼き目をつけます。

2018081102_2018081410450001d.jpg

プロはここで黒こげになるまでやるようだが、私はそこまで時間をかけていられない。
表面だけ焼き目を付けて中身はまだ生の状態で煮込みに入ります。

2018081103_20180814104502a02.jpg

青ネギ、生姜、ハイミーを入れて90分煮込みます。
ガスコンロを使わないのは放置しても火災にならないから。
とろ火状態で、あとは放置。30分毎に様子を見ます。


2018081401.jpg

出来上がり。
この状態は、冷蔵庫で3日寝かせたもの。
出来上がり直後も旨いのですが、出来上がり直後はけっこう塩辛いので2日位寝かすと味が馴染んでいい感じになります。

2018081402.jpg

カットしました。

んん~~~イイ感じ。


ここから小分けにカットして全部で7食分にラップにして冷凍庫へ。


で、今朝の朝飯は、いきなりチャーシュー丼

2018081403.jpg

切り分けた端のチャーシューをブロック上に刻んで刻みネギとラー油、タレを絡めて少しフライパンで炒める。

そしてご飯に乗せる。


もう最高!!!

究極のジャンクフードです。


夏休みを満喫していますよ。。。。



デハデハ



 ↓ ポチッと一発!
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村



コメント

非公開コメント

No title

まこあぱさん、こんにちは。
もうプロですね。輪切りなんて売り物みたい。(^^)

私も色々試してみました。
我が家では肩ロースが一番人気で、他の部位は反応イマイチでした。

それと青ネギを入れ忘れたことがありましたが、
ネギを入れた方が全然おいしかったです。うま味が違うというか・・・

煮た直後は柔らかくて良いのですが外側だけしょっぱいんです。
そうかそうか、一晩寝かせれば良かったんですね。

最後のチャーシュー丼は作った者しか分からない旨さですよね。

No title

こんにちは
いや~相変わらずうまそうですね!
画像だけでビールが進みます。(昼飲み中)

私も今日は作ろうと思って、肉買ってきました。
今日は脂身が多めの豚ロースにしました。
私は、焼きの工程なしの煮豚ですね。
どうなることやら・・
 
さて、私は6連休だったのですが、釣りに行ってません。
この暑さだと、60歳近い爺さんにはつらいです。
シイラを釣りたいなとは思うのですがね・・・
 

Re: No title

ビストロマナ さん>こんばんわ。

まぁ料理は面白いです。
元々、あまりやらないんですが、釣りで魚捌いている内に料理にハマッてきました。

チャーシュー、旨いですよ。
肩ロースは赤味が多いので、煮込み時間を短時間で作り赤味の食感を楽しむ、肉の味を楽しむ、
という意味ではこれも作りがいがあると思います。

バラは脂身命です。
トロトロ感がいいんですわ


まぁ、塩辛いのは作りたてだけです。1~2日寝かせると味が馴染みます。
これはシメサバのときに学びました。

チャーシュー丼、イケます。まぁチャーシュー作っていると太りますわ。

Re: No title

fun-tom さん>こんばんわ


ビール進みますよ!!!
まぁ焼きの工程はお好みですね。
香ばしさがここの工程の意味合いになります。

次回は、90分といわず、4時間位の見込みをやってみようかな、と思っています。

IHレンジがあると、火事の心配が無いから思いっきり煮込めますね。



シイラ、釣りたいですねぇ。

砂置き場には、気配は感じませんでした。

いつかは釣りたい。